Create  Edit  Diff  トップページ  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

第四話「手続きを取る手続きなの?」

概要

『プログラミングGauche』を使用した勉強会の第四回です。

  • 開催日時
    • 2008年4月9日(水) 19:30〜21:30
  • 開催場所
    • 千代田区某所
  • 教材
  • 参加者
    • 五名(前回と同じメンバー)

内容

第七章、手続きに突入しました。今回は特に手続きを取る手続きが慣れていないのもあって、時間を掛けて学習しました。問題を解きながら手続きの動作を見ていくことで段々と理解してきました。

議事録

今回の疑問

  • for-eachの定義で引数が一つと書いてあったが複数取れるのではないか?
    • 実際書いたら複数取れました。
  • 手続きを取る手続きがよく分からない。
    • 様々な手続きを渡して検証することで理解しました。

練習問題

何となく理解し難かったnumbers-only-for-treeだけ掲載しときます。

(define (numbers-only-for-tree walker)
 (lambda (proc lis)
   (walker proc (filter (lambda (elt) (or (number? elt) (list? elt))) lis))))

振り返り

  • Keep
    • 輪読
    • プロジェクター
    • イーモバ使える
  • Problem
    • OAタップを準備していかなかった。
    • 開始が遅かった。
  • Try
    • 勉強会員増加
    • 会場発掘

今回は練習問題をゆっくりと解いたので余り進めませんでした。この手続きの箇所は重要なので確実に身につけたいと思います。次回は第五話です。あなたは、信じられますか?

感想・質問・意見

Last modified:2008/04/16 17:50:08
Keyword(s):
References:[勉強会過去ログ]