Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

mapObj.applySLD

mapObj.applySLD メソッド

説明

このレイヤーにSLD(Styled Layer Descriptor)を適用する場合のSLDドキュメントと対象レイヤー名の設定。※SLD:WMSレイヤーを設定する際にユーザーがスタイルを設定する機能

public int applySLD(
   string sld
);
Public Function applySLD(ByVal sld As String) As Integer

サンプル

コード
Dim _map As New mapObj("")
Dim _sld As String

_sld = _map.generateSLD()
_map.applySLD(_sld)

Debug.WriteLine(_sld)
→<StyledLayerDescriptor version="1.0.0" xmlns="http://www.opengis.net/sld" xmlns:gml="http://www.opengis.net/gml" xmlns:ogc="http://www.opengis.net/ogc" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.opengis.net/sld http://schemas.opengis.net/sld/1.0.0/StyledLayerDescriptor.xsd">
</StyledLayerDescriptor>
マップファイル

影響なし。この関数は、MapScript からWMSサーバーにリクエストするときに使用するため、マップファイルに書き込まれて制御するのではないため。

参照

mapObj メンバ | (global) 名前空間

Last modified:2007/02/15 15:01:01
Keyword(s):
References:[mapObj メンバ]