!!shapefileObj メンバ

||[[shapefileObj 概要|shapefileObj]]||
!!!パブリック コンストラクタ
||[[shapefileObj コンストラクタ]]||shapefileObj クラスの新しいインスタンスを初期化します。
!!!パブリック プロパティ
||[[bounds|shapefileObj.bounds]]||含まれるシェイプの範囲
||[[isopen|shapefileObj.isopen]]||ファイルが開かれているかどうかのフラグ
||[[lastshape|shapefileObj.lastshape]]||
||[[numshapes|shapefileObj.numshapes]]||含まれているシェイプの数
||[[source|shapefileObj.source]]||
||[[status|shapefileObj.status]]||
||[[statusbounds|shapefileObj.statusbounds]]||
||[[type|shapefileObj.type]]||
!!!パブリック メソッド
||[[add|shapefileObj.add]]||
||[[addPoint|shapefileObj.addPoint]]||
||[[Dispose]]||
||[[Equals (Object から継承されます)]]||指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。
||[[get|shapefileObj.get]]||
||[[getExtent|shapefileObj.getExtent]]||
||[[GetHashCode (Object から継承されます)]]||特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。
||[[getPoint|shapefileObj.getPoint]]||
||[[getShape|shapefileObj.getShape]]||
||[[getTransformed|shapefileObj.getTransformed]]||
||[[GetType (Object から継承されます)]]||現在のインスタンスの Type を取得します。
||[[ToString (Object から継承されます)]]||現在の Object を表す String を返します。
!!!プロテクト フィールド
||[[swigCMemOwn]]||
!!!プロテクト メソッド
||[[Finalize]]||
||[[MemberwiseClone (Object から継承されます)]]||現在の Object の簡易コピーを作成します。
!!!参照

[[shapefileObj 概要|shapefileObj]] | [[(global) 名前空間|http://wiki.fdiary.net/MapScriptJa]]