Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

MapScript.Ja - layerObj.numprocessing Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

!!layerObj.numprocessing プロパティ
!!!説明
ラスター処理命令の数。

[[Special Processing Directives|http://mapserver.gis.umn.edu/docs/howto/raster_data/#special-processing-directives]]にある、PROCESSING パラメータで設定された数を返す。

""これは、ラスターレイヤーの処理のために設定される。Shapefileなどのベクターデータでは、属性値をCLASSITEMで指定するが、ラスターデータの場合は、ピクセル値もしくはRGBのピクセル値がクラス分けの対象となる。
""ラスターデータの処理機能が豊富なのは、MapServerがリモートセンシングの解析結果の表示などに利用されてきた経緯などの歴史的な背景があるからかもしれない。Bugna.
public int numprocessing {get;}

Public ReadOnly Property numprocessing() As Integer

!!!サンプル
!!!!コード
Dim _map As New mapObj("")
Dim _layer As New layerObj(_map)

_layer.setProcessingKey("SCALE", "AUTO")
Debug.WriteLine(_layer.numprocessing.ToString)

→結果 1
!!!!マップファイル
  LAYER
    DATA "countries_simpl"
      METADATA
      END
    NAME "World"
    PROCESSING "SCALE=AUTO"
    SIZEUNITS PIXELS
    STATUS ON
    TOLERANCEUNITS PIXELS
    TYPE POLYGON
    UNITS METERS
    CLASS
      METADATA
      END
      STYLE
        ANGLE 360
        COLOR 200 200 200
        OUTLINECOLOR 100 100 100
        SYMBOL 0
      END
    END
  END
!!!参照
[[layerObj メンバ]] | [[(global) 名前空間|http://wiki.fdiary.net/MapScriptJa]]