Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

筐体別の特徴(リール音の早見表・アドバイス等)

※現在Wiki製作中です。住人皆さんの情報を必要としています。
  所有している筐体がございましたら、ぜひ情報の追加をお願い致します。

※このページはリール音の他に筐体の良い点、悪い点なども記載しています。

オリンピア エボリューショナル筐体1

(ビーナスセブン、レッドメテオなど)

  • リール音 ☆☆〜☆☆☆ (深夜だと少し気になる。)
  • 良い点:
    • 台がやや軽め。
  • 悪い点:
    • 24Vなのでトランスが必要。
    • ボタンが金属製なので人によっては押しにくく感じるかもしれない。
    • オリンピアのエボリューショナル筺体2とはボタン配置等が似ているが別物なので注意。(コイン不要機の使いまわしは不可。)

オリンピア エボリューショナル筐体2

(南国物語、スーパースターダストなど)

  • リール音 ☆〜☆☆ (割と静か。)
  • 良い点:
    • リール音が割と静か。
    • 台がやや軽め。
  • 悪い点:
    • 24Vなのでトランスが必要。
    • 初期の頃のボタンは金属製なので、人によっては押しにくく感じる かもしれない。
    • オリンピアのエボリューショナル筺体とはボタン配置等が似ているが別物なので注意。(コイン不要機の使いまわしは不可。)
    • 音量調節機能があるが、一番下以外は使えない。

オリンピア エクセレント筐体

(ビートザドラゴン、アイムエンジェル、島唄30、など)

  • リール音 ☆☆〜☆☆☆ (機種により若干の差あり?)
  • 良い点:
    • 100V電源仕様(トランス不要)。ステレオスピーカー搭載。
    • 一部機種はドリンクホルダーがついてる。(ビートザドラゴン等)
    • コイン不要機は1BETボタン、精算ボタンどちらにも付けられる。
  • 悪い点:
    • リール音がやや気になる。
    • パトランプ搭載機はパトランプ動作音が気になる。
    • 音量調節機能があるが、一番下以外は使えない。

平和・オリンピア 旧分離型筐体

(猪木、主役は銭形、NEW島唄、南国育ちなど)

  • リール音 ☆ (神)
  • 良い点:
    • 全体的に静か。
    • 分離型なのでリールユニットがあると意外と簡単に載せかえられる。
    • 部屋が狭い香具師に向きかも。
    • コイン不要機は1BETボタン、精算ボタンどちらにも付けられる。
  • 悪い点:
    • 本体付属のボリュームだと最小音量でもかなり音がでかい。
      音量調節は必ず電源OFFで「0」から。
    • レバーが段々「きぃきぃ」と音がするようになる。(油切れ?)
    • パトランプ搭載機はボーナス時のパトランプ作動音がうるさい。
       →回転部を動かすギヤにグリスを塗布すると、かなり低減出来る。
    • おき方注意・分離筐体を合体させるときに後ろの金具がひん曲がっていると
      絶対がっちり入りませんw
    • コイン不要機のBETボタン後付けには軸が20cm以上のプラスドライバーが必要。

オリンピア 新分離筐体(液晶非搭載モデル)

(南国娘、南国美人、島育ち、花伝説30など)

  • リール音 ☆☆ 
  • 良い点:
    • 100V電源仕様(トランス不要)
    • パトランプが大きくなって迫力がある。
    • 10段階ボリューム付で無段階ボリューム無しでもそれなりに大丈夫。

(無音にもできる。)

    • 旧分離筐体と同様に着せ替えができる。(新⇔旧との互換性無し。オリンピア⇔平和との互換性が無い点に注意。)
  • 悪い点:
    • パトランプの動作音が割とうるさい。
    • リール始動時、やや振動がある。
    • コイン不要機は1BETボタンを使用する方法だと取り付けが困難を極める。(旧分離筐体より難しい)そのため、外付けBETボタンで操作する形を推奨。(ほとんどの不要機メーカーは外付けBETボタン形式。スロテック製は両方いけるが、標準で外付けBETボタンが付属している-通常はオプション別売り)

オリンピア KABUTO筐体

(ヤッターマン只今参上、アントニオ猪木も燃えるパチスロ機、俺の名はルパン三世、マジックモンスター2など)

  • リール音 ☆☆(回り始めの振動がやや大きい。)
  • ファンの音 ☆
  • 良い点:
    • 大画面液晶搭載で迫力満点。
    • 上部下部に二箇所ずつのスピーカー。更に安心の10段階ボリューム(騒音〜ミュート)で、音量設定はしやすい。
  • 悪い点:
    • リールユニットはしっかり固定されているが、いかんせんリールが大きい。その為始動時にそこそこの振動有り。

平和 平和レジェンド筐体

(雷蔵伝、麻雀物語、アクアビーナス、人造人間キカイダーなど)

  • リール音 ☆☆(静か、鉄拳の半分くらい)
  • 良い点:
    • コイン吐き出し音が静か
    • 本体付属のボリュームだと最小音量が適音。音量調節は必ず電源OFFで「0」から
    • 2.1chスピーカー搭載機(上部×2・背面ウーファ×1)で後付ボリュームはつけ易い。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • 下パネルの電球は電気屋などで市販されている蛍光灯(10W形)なので点かなくなった場合などは簡単に入手可能。
  • 悪い点:
    • 起動していると「キーーン」と小さい音がする。
    • 下皿が空の状態でコインが出ると高さがあるのか音がする。
    • ある程度溜まってると音はしない。

山佐 テトラモデル筐体

(シーマスター、ファウストなど)

  • リール音 ☆☆(少し気になる程度)
  • 良い点:
    • スピーカー×2搭載。
  • 悪い点:
    • 24Vなのでトランスが必要。
    • ボタンが小さく、押しづらい。

山佐 モデル21筐体

(キングパルサー、ペンギンパラダイスなど)

  • リール音 ☆☆☆☆(うるさい)
  • ファンの音 ?
  • 良い点:
    • 上下パネルの蛍光灯はホームセンターで購入可能(10W直管)
    • 外部集中端子板の取付箇所に余裕があるので、データカウンタの接続が容易
  • 悪い点:
    • リール音がうるさい
    • リールのバックライトが赤くなったものが多い(特に初代キンパル)

山佐 15.4インチ液晶筐体

(機動戦士ガンダム�〜哀・戦士編〜、キン肉マン、バイオハザードなど)

  • リール音 ☆☆☆☆☆(うるさい)
  • ファンの音 ☆
  • 良い点:
    • 大画面で迫力がある。
  • 悪い点:
    • リール音がかなりうるさい。

山佐 キング筐体

(鉄拳、ジャイアントパルサー、プレイボーイ、ピカゴロウVなど)

  • リール音 ☆☆☆☆ (うるさい)
  • ファンの音 ☆    ※液晶搭載機のみ
  • 良い点:
    • リールの音がうるさい。が、慣れるとそうでもなくなる。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • ボタンも押しやすく スピーカーも結構良いの使ってるっぽい。
    • 意外と台が軽い。
    • 液晶搭載機は液晶が綺麗で液晶のメニューが充実。
    • 純正ボリュームは上部と下部の音量を別々に調整出来るツインタイプ。
    • 純正ボリュームを音量0にするとスピーカーからの音を無音に出来る。
  • 悪い点:
    • リールの音が意外とうるさい。
    • 本体にボリュームがもともと付いてる(10段階調整)けど微妙な調節はできない。
    • 4スピーカー搭載機(上部×2・下部×2)で後付ボリュームはつけ辛い。
    • 筐体背面でリールが(ほぼ)むき出しになっていて凹まないように注意が必要。

山佐 ELビジョン筐体

(ネオプラネットXX、ネオファラオゼッツ、ネオマジックパルサーなど)

  • リール音 ☆☆☆☆☆*100 (騒音)
  • 良い点:
    • 液晶のメニューが充実。
    • 純正ボリュームを音量0にするとスピーカーからの音を無音に出来る。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • 下パネルの電球は電気屋などで市販されている蛍光灯(10W形)なので点かなくなった場合などは簡単に入手可能。
    • 純正ボリュームは上部と下部の音量を別々に調整できるツインタイプ。
  • 悪い点:
    • リールの音がかなりうるさい。
    • ELが死ぬとGAMEOVER(多分取り替えることはできると思うけど・・・)
    • 本体にボリュームがもともと付いてる(10段階調整)けど微妙な調節はできない。
    • 4スピーカー搭載機(上部×2・下部×2)で後付ボリュームはつけ辛い。

山佐 大型液晶 ワイド3リール筐体

(モンキーターン、黒ひげ危機一髪、ウルトラセブンなど)

  • リール音 ☆☆☆☆☆(中高音域でうるさい、静かな機種を打った後だとより萎える。アパート・マンションでは多分無理)
  • ファンの音 ☆☆☆☆
  • 良い点:
    • 大画面で迫力がある。
    • 筐体重量が少し軽い?
    • 本体左側のサブ基板に純正音声ボリュームあり[10段階・無音も可]後付けボリューム無しで耐えられるかは未確認。
    • 純正100V電源対応
  • 悪い点:
    • リール音がかなりうるさい(4リール筐体よりはマシなのかも)
    • レバーの作りがやんわりしていて弱い気がする。
    • 液晶とアクリルパネルの隙間が大きいため、ヤニによる白い曇りや埃・液晶焼けが入りやすい。
    • 製造上の仕様で前面パネルフィルムにしわがある場合がある。(※モンキーターンに関して)

サミー・ロデオ ドーナツビジョン筐体

(鬼武者3、俺の空、北斗の拳2、スパイダーマン2など)

  • リール音 ☆☆☆☆(静かなところではだいぶ気になる 高音域)
  • ファンの音 ☆☆ (鉄拳よりうるさくアルゼD筐体よりうるさくない)
  • 良い点:
    • 大画面液晶搭載で迫力満点。
    • 2スピーカー搭載機(下部×2)で後付ボリュームはつけ易い。
  • 悪い点:
    • 程よく音がうるさい、本体内蔵ボリュームなし。
    • 液晶筐体の宿命!?打ってると暑い。液晶メニューは無い。
    • リールユニットを固定するためのネジが1本+プラスチックのピンというお粗末なものであるため、グラつきが起こる。そのため、リール始動時に結構振動音がする。

サミー・ロデオ・銀座・トリビー・IGT ワイド液晶筐体

(アラジン2エボリューション、リングにかけろ、ツインエンジェルなど)

  • リール音 ☆☆☆(深夜のマンションでは気になる)
  • 良い点:
    • レバーがスムーズに動く。
    • 音質は結構良い。
    • 後付ボリュームはつけ易い。
  • 悪い点:
    • リール音は北斗筐体以上、ドーナツビジョン筐体以下、本体内蔵ボリュームなし。
    • 液晶筐体の宿命!?打ってると暑い。 液晶メニューは無い。
    • リールユニットを固定するためのネジが1本+プラスチックのピンというお粗末なものであるため、グラつきが起こる。そのため、リール始動時に結構振動音がする。

サミー 北斗の拳筐体

(北斗の拳、北斗の拳SEなど)

  • リール音 ☆☆☆(深夜のマンションでは気になる)
  • ファンの音 ☆☆☆ (祭の達人よりうるさい。ちょっとしたPCくらい。)
  • 良い点:
    • レバーがスムーズに動く。
    • 音質は結構良い。
    • 光センサ付けやすい(初当たりカウントには光センサ必須)
    • 4スピーカー搭載機(上部×2・下部×2)で後付ボリュームはつけ易い
  • 悪い点:
    • リール音はまあまあうるさい。
    • 本体内蔵ボリュームは3段階のみでアテにならない。(最小音量でも爆音)
    • 起動しているとスピーカーから「サーー」とノイズ音がする。
    • 上部のメッシュから放熱される熱が結構暑い。

サミー系 Wing筐体(名称違いの亜種含む)

(エウレカセブン、ツインエンジェル3、サクラ大戦3、北斗の拳 世紀末救世主伝説、モンスターハンター、コードギアスなど)

  • リール音 ☆☆☆+〜☆☆☆☆+(個体差が激しいが、ドーナツビジョン筐体とほぼ同じ)
  • 良い点:
    • 全方向感知レバー
    • 全4箇所のスピーカー
    • マイスロ機能搭載(非搭載の機種あり)
    • 後付ボリュームはつけ易い。
    • 証紙類は下皿下部に移動し、従来の筐体であった証紙がない場合の筐体内部が丸見えになりかっこ悪いという心配がなくなった
  • 悪い点:
    • リール音は個体差が激しい。稼動状況によりモーターやリール軸の劣化が激しく、非常にうるさい場合がある。稼動率が低い台でも部品がリサイクル品使用の場合あり。モーター以外での要因(振動による共振音)もあり、結局のところ静かな台に当たるかは運次第。
    • 大抵は多摩川精機製モーターであるが、モンハン等はOKIマイクロ技研製モーターを使用しており、後者の方がうるさい。
    • 電源は24Vなので、トランス必須。
    • 本体内蔵ボリュームは設定キーをひねってPUSHボタンを押せば設定できる(サクラ大戦3以降)
    • 液晶ファンの音がかなり大きい(北斗の拳以降)
    • 初期の機種は液晶白化現象が存在する。
    • リールユニットはドーナツビジョンと同じ。LEDのコネクタの形状が違う程度。
    • コイン不要機は1BETボタンを使用するタイプだと取付が非常にしにくい。
    • ドアを開けた際に警告音がし、音量がかなり大きい。(サクラ大戦3以降)
    • 電源投入から液晶画面のロード時間が非常に長い機種がある(北斗の拳等)

サミー系 2013年新筐体(亜種含む)、4thリール搭載機

(攻殻機動隊、化物語、エウレカセブン2、輪廻のラグランジェ、蒼天の拳2など)

  • リール音 ☆☆☆(リールユニットやモーターが一新され、従来筐体よりかなり静か(ただし低音がかなり強調されている)になり、不快な音も少なくなった) 4thリール搭載機はこれに☆半分ぐらいうるさくなるが、そんなに気にするレベルではないかと。
  • 良い点:
    • 全ての部分で部品が一新されている
    • リールバックライトがLED化された
    • 全方向感知レバー
    • 全4箇所のスピーカー
    • マイスロ機能搭載
    • ecoモード搭載
    • バイブレーター搭載(化物語以降)
    • 後付ボリュームはつけ易い。
    • 証紙類は下皿下部に移動し、従来の筐体であった証紙がない場合の筐体内部が丸見えになりかっこ悪いという心配がなくなった
  • 悪い点:
    • 電源は24Vなので、トランス必須。
    • 筐体設定で音量を細かく設定できるが、ドアオープン警告音がうるさいので、結局は後付ボリューム必須。蒼天の拳2や化物語で、内蔵音量の設定に起因する不具合があるので、内蔵音量は「eco」以下にすることを推奨。
    • 液晶ファンの音が大きい。
    • ドアを開けた際に警告音がし、音量がかなり大きい。
    • 設定変更した後、しっかりカバーを閉めないと警告が出る。
    • 電源投入時、警告音がかなり長い間鳴り続ける(攻殻機動隊は鳴らない)

高砂電機(現:アビリット) 旧筐体(全方向感知レバー搭載筐体)

(ロッキ−、ナイルパニックなど)

  • リール音 ☆ (静か)
  • 良い点:
    • スピーカー×2+真ん中×1
    • 全方向感知レバー搭載。
  • 悪い点:
    • 機種によってはコイン不要機がものすごくつけづらい。
    • レバーがへたれやすい。

ベルコ・ヤーマ 2009年新タイプ筐体

(スーパービンゴSP3、まことちゃんなど)

  • リール音 ☆☆(静か。深夜でもさほど気にならない)
  • 良い点:
    • ワイドリール筐体と比較し、リール音が少なくなった。
    • 純正10段階ボリューム付き。
    • ボリューム0で消音、1で静音、2で中音量。3からはホール用。
  • 悪い点:
    • リールが小さいから見辛い。

ベルコ・ヤーマ ワイドリール筐体

(スーパービンゴV、デジスロ、ジャックと豆の木、がんばれ元気など)

  • リール音 ☆☆☆+(深夜ではかなり気になる)
  • 良い点: 
    • 純正10段階ボリューム付き。
    • ボリューム0で消音、1で静音、2で中音量。3からはホール用。
    • ボタンが大きく押し易い。 
  • 悪い点: 
    • ベルコお得意のリール音があるので結構うるさい。 

ベルコ スーパービンゴ筐体

(スーパービンゴ、オートマティック、エルドーラ7、デジフラッシュなど)

  • リール音 ☆☆☆☆+(昼でも気になる。深夜はマズい。)
  • 良い点:
    •  特に無し…あえて言えばロマンを求められる事。
  • 悪い点:
    •  重い。
    •  うるさい。
    • 無段階ボリュームが無いとマズい。

アルゼ・エレコ ミレニアム筐体

(ドンチャン2、ミリオンゴッド、サンダーV2など)

  • リール音 ☆☆(台の状態によって左右される。メンテすればOK)
  • 良い点:
    • 液晶メニューの充実。
    • 音が静か。結構家スロ向き。
    • 載せ変えも楽なほう。
    • 後付ボリュームはつけ易い。
  • 悪い点:
    • 液晶メニューのボリュームがヘタレ過ぎ。
      結局ノイズ音が残るので後付ボリュームをつけるのがベスト。
    • 筐体が重い

アルゼ・エレコ マンティス筐体

(花火百景、ビーストサップ、ガッツだ森の石松など)

  • リール音 ☆☆☆(気になる かなり高音域)
  • 良い点:
    • 液晶メニューの充実 ま、何だかんだで良い台が多め
  • 悪い点:
    • 前面液晶筐体の常 暑い。本体でボリュームは絞れないので後付けボリューム必要
    • てか、ドーナツビジョンとほとんど同じ。
    • リールLEDの色が段々変色していく。
      このLEDだけなぜか寿命が極端に短いので諦めるしかない。

アルゼ・エレコ DXスチール筐体

(サクラ大戦、格闘激戦区、サンダーVスペシャル、ゲッターロボなど)

  • リール音 ☆☆☆☆(始動時、特に停止時がめちゃくちゃうるさい)
  • 良い点:
    • 全面液晶でとても迫力がある。
    • 液晶メニューが充実している。

(ただし、詳細データは設定確認・変更中のみ閲覧可能)

**筐体が他メーカーに比べ若干軽い
  • 悪い点:
    • リールが停止するときの音がめちゃくちゃうるさい。

ある程度の覚悟が必要。

    • ボリューム調整ができないので、後付ボリュームが必要。
**リアスピーカーは端子を外した方が無難

アルゼ・エレコ X筐体

(青ドン、赤ドン、バトルシーザー、アルティメットブレイク拳など)

  • リール音 ☆☆(リール回転中、停止時がやや気になる程度)
  • 良い点:
    • 全面液晶でとても迫力がある。
    • 液晶メニューが充実している。

(ただし、詳細データは設定確認・変更中のみ閲覧可能)

  • 悪い点:
    • リールが小さく、人によっては視認しづらい。
    • ボリューム調整ができないので、後付ボリュームが必要。
    • 右下の振動スピーカーが作動すると振動が台に伝わりこの騒音が驚くほどひどい。(このスピーカーの配線を外す事を推奨)
    • リール・基板がドアに付いていて重心が前に片寄ってるので開ける際には台の転倒に注意。

アルゼ・エレコ マスカレード筐体

(緑ドン、青ドン花火の極、まどかマギカなど)

  • リール音 ☆☆☆+(かなり響く低音域、停止音もデカイ)
  • 液晶ファン音 ☆☆☆(緑ドンにはファン無、放熱フィンで静か)
  • 純正ボリューム 緑ドンは3段階、青ドンは9段階
  • 良い点:
    • 全面液晶でとても迫力がある。
    • 4.1chスピーカーで迫力のある音。
    • 液晶メニューが充実している。(ただし、詳細データは設定確認・変更中のみ閲覧可能)
    • 純正で100V、トランス要らず。
  • 悪い点:
    • リール音に慣れるまできつい(整備にもよる、リールのガタが酷い)
    • スピーカー音は後付ボリュームが無いと家スロにはデカい

(背面ウーファーのコネクタは外すことをおススメする)

    • 筐体重量が重め。
    • スロー回転を伴う機種ではスロー回転中の間、リール音が爆音+振動を伴うので要注意電源オフで回避可能?)
    • 余程好きな機種なら良いが、全体的に家スロ向きではないかも。
    • 家スロ用に改造すると電源ONの時に監視ユニットエラーが出る事が有る

(キーリセroリセットボタンを押せば通常遊戯に戻る)

ユニバ・エレコ・ミズホ・メーシー バズーカ筐体

(バジリスク�、鬼の城、GODZEUS)

  • リール音 ☆(ミニリールで非常に静か。ただし、停止音は大きめ)
  • 液晶ファン音 ☆☆☆(120mm程のファンで音は割と静か)
  • 純正ボリューム 3段階
  • 良い点:
    • 全面液晶でとても迫力がある。
    • 5.1chスピーカー+特大160mmウーファーで迫力のある音。
    • 液晶メニューが充実している。(ただし、詳細データは設定確認・変更中のみ閲覧可能)
    • 純正で100V、トランス要らず。
  • 悪い点:
    • 特大ウーファーは出力が強すぎるので普通のボリュームじゃ焼ける
    • 直録りする際、コネクタがJAMなので少し面倒
    • スピーカー音は後付ボリュームが無いと家スロにはデカい

(背面ウーファーのコネクタは外すことをおススメする)

    • スロー回転を伴う機種ではスロー回転中の間、リール音が爆音+振動を伴うので要注意電源オフで回避可能?)
    • 家スロ用に改造すると電源ONの時に監視ユニットエラーが出る事が有る

(キーリセroリセットボタンを押せば通常遊戯に戻る)

    • 筐体重量がかなり重い。
    • リール音静か家スロ向きではある。

IGT 信長様 まんなっか!筐体

(信長の野望、エイリアンなど)

  • リール音 ☆☆(リール自体がヘタレなつくりなので注意)
  • 良い点:
    • 全体的に静か、家スロ向き。
  • 悪い点:
    • 液晶でデータを見ることは不可。
    • 本体付属ボリュームもなし。後付ボリュームは必要!
    • 台自体の作りがヘタレ。扱い方に要注意。

NET ゼットゴールド筐体

  • リール音 ☆☆+(そんなに大きくは無い 神経質な人は気になるかも)
  • 良い点:
    • 音は全体的に静かなほう 程よく家スロ向き。
    • 本体に付属ボリュームあり。
    • 調節がめんどくさいけど、まーまー音が絞れる。
  • 悪い点:
    • レバーとボタンが(ry 台の作りがヘタレ。
    • スピーカー割れてる事多し、買うとき注意!
    • SBJは載せられないよ 液晶の大きさ違うから(ま、できないことは無いんだけど・・・)

NET リオタソ筐体

(真・モグモグ風林火山、賞金首、スーパーブラックジャック、リオデカーニバルなど)

  • リール音 ☆☆+(そんなに大きくは無い 神経質な人は気になるかも)
  • 良い点:
    • 音は全体的に静かなほう、程よく家スロ向き。
    • 本体に付属ボリュームあり。
    • 調節がめんどくさいけど、まーまー音が絞れる。
  • 悪い点:
    • レバーとボタンが(ry 台の作りがヘタレ 特にベットボタンが・・・店で吹っ飛ばした経験あり
    • スピーカー割れてる事多し、買うとき注意!
    • ゼットゴールドは載せられないよ 液晶の大きさ違うから(ま、できないことは無いんだけど・・・)

NET プラットフォームモデル筐体

(リオパラダイス、ドリスタ、ハーレムエース、カリビアンクイーンなど)

  • リール音 ☆☆☆+(昼間でも結構気になる。サミー機と同等ぐらいの大きさ)
  • 良い点:
    • 以前からの筺体の改善。特にBETボタン。
    • データグラフなんかも付いてて、程良く家スロ向きか。
  • 悪い点:
    • その甲斐有ってかリール音が煩くなった()笑
    • メタボ筐体。梱包時にレバーが邪魔で入らない。
    • リールバックライト、台枠ランプ(特にストップボタン下のところ。NETのメーカーロゴがあるところのランプ)の切れやすさが異常。
    • 役モノの耐久性も低い。

NET MOTHER筐体

(茉莉花の剣、ハーレムエース2、ココナナ、リオスパ、激シーサー、十字架2)

  • リール音 ☆☆☆(茉莉花の剣)〜☆☆☆+(その他機種:昼間でも結構気になる。サミー機と同等ぐらいの大きさ)

 茉莉花の剣は回転速度が違うみたいで、低音であるが、体感的には他のより静か。

  • 良い点:
    • 下段パネルの復活。筐体のメタボ状態の解消(少しだけ)。
    • 俺スロ(一部機種のみ)搭載。液晶メニューデータ関係も充実。
    • 純正で8段階ボリューム調整可能。ただし、下記のとおり注意が必要。
    • プラットフォームモデル筐体で叩かれていたリールバックライトと台枠ランプの耐久性は上がっている模様。ただし、台枠ランプは常時多色点灯しているので、寿命は他メーカー筐体のものより短いと思われる。
    • 役モノは廃止された。
  • 悪い点:
    • 1BETベットボタンなし。そのため不要機を使用する場合は精算ボタンか外付けBETボタン(スロテック製不要機の場合)を使用する。
    • アシスト(メニュー)ボタンの操作性が悪い。とにかく硬い。俺スロ時の操作が・・・。
    • 純正で音量調整が可能だが、「5」以上に不具合がある模様(個体差あり)。大きくなるどころか、逆に小さくなったり、無音になったりする。家スロでは「1」+無段階ボリューム推奨。
    • リセットボタンがない。リセットは設定変更ボタンを押すことで行う。(設定変更ボタン兼リセットボタンとなる)
    • 電源投入時、液晶が「白黒のバーコード画面」状態になりやすい。この場合、設定変更では治らないので、RAMクリアで対処する。

NET LOVER筐体

(世界で叩け!モグモグ風林火山、シンデレラブレイド、ドキッと!ビキニパイ2、スナイパイ72など)

  • リール音 ☆☆+(前筐体、前々筐体と比べて静かになった。)
  • 良い点:
    • 14インチ大型液晶搭載。
    • 俺スロ搭載。ただし電源をオフにすると問答無用で消去されるので注意。
    • 純正で8段階ボリューム調整可能。ただし、下記のとおり注意が必要。
    • プラットフォームモデル筐体で叩かれていたリールバックライトと台枠ランプの耐久性は上がっている模様。
    • アシスト(メニュー)ボタンの操作性・硬さは改善されている。
  • 悪い点:
    • 相変わらずメタボである。
    • 1BETベットボタンなし。そのため不要機を使用する場合は精算ボタンか外付けBETボタン(スロテック製不要機の場合)を使用する。
    • 純正で音量調整が可能(8段階)。適正音量は機種によって違うので、各自調整のこと。
    • スピーカーの耐久度がショボイ。音割れしたり、音が出なくなる場合がある。特に稼働率が高いシンデレラブレイドに顕著に見られる。
    • リセットボタンがない。リセットは設定変更ボタンを押すことで行う。(設定変更ボタン兼リセットボタンとなる)
    • 電源投入時、液晶が「白黒のバーコード画面」状態になりやすい。この場合、設定変更では治らないので、RAMクリアで対処する。
    • リールの耐久性が弱い。ふにゃふにゃになりやすい。絵柄の塗装が剥がれやすい。

SNKプレイモア ワイド液晶筐体

(餓狼伝説、スカイラブ、シスタークエスト、超お父さん2など)

  • リール音 ☆☆ 〜 ☆☆☆☆☆ ※機種によっては静かな機種もあるが、ほとんどの機種がかなりうるさい
  • 良い点:
    • 筐体内蔵10段階純正ボリューム付き。1はやや小さく、2は環境によっては何とかいける大きさ(かなりうるさいが)。3からは爆音。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • 4スピーカー搭載機(上部×2・下部×2)。下部は付け易いが、上部は線が短く、一旦外して作業すること推奨(ネジ2本外すだけなので取り外すのは簡単)
  • 悪い点:
    • リール音はモーターが機種によって違うようなので音に差がある。
    • 本体にボリュームがもともと付いてる(10段階調整)けど微妙な調節はできない。

SNKプレイモア ヴィーナス筐体

(スカイラブ3、ハイパー娘、シスタークエスト3、スカイラブ4など)

  • リール音 ☆☆☆☆☆(やっぱりとてもうるさい)
  • 良い点:
    • 液晶の更なる強化。美麗な演出を楽しめる。
    • 筐体内蔵10段階純正ボリューム付き。1はやや小さく、2は環境によっては何とかいける大きさ(かなりうるさいが)。3からは爆音。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • 4スピーカー搭載機(上部×2・下部×2)。下部は付け易いが、上部は線が短く、一旦外して作業すること推奨(ネジ2本外すだけなので取り外すのは簡単)
    • ようやく全方位感知のレバーを搭載。
    • モアライフ搭載(現在はサービス終了)
    • コイン不要機は取付けしやすい(筐体は同じだがスカイラブ4以降は不要機が違うので注意)
  • 悪い点:
    • リール音は相変わらずとてもうるさい。
    • 本体にボリュームがもともと付いてる(10段階調整)けど微妙な調節はできない。

KPE 旧筐体

(ランブルローズ、トレジャーパイレーツ、女ねずみ小僧ただいま参上!、マジカルハロウィンなど)

  • リール音 ☆☆(それほど大きくない)
  • ファン音 ☆☆
  • 良い点:
    • リール音に関しては優秀。現行筐体どうしてああなった。
  • 悪い点:
    • 筐体形状が独特で、不要機なしだとメダルが入れにくいのが最大の弱点。ホールで現役の頃からよく叩かれていた。

KPE 現行筐体

(ビートマニア、悪魔城ドラキュラ、マジカルハロウィン2など)

  • リール音 ☆☆☆☆(共振音対策あり)〜☆☆☆☆☆+(対策なし)
  • 良い点:
    • 旧筐体の弱点をリール音以外ほぼ全て解消した優秀な筐体。液晶メニューも充実している。 
  • 悪い点:
    • リール音がうるさい。静音対策をしていないと、山佐のリール音に対抗できるくらいうるさい。原因はとにかくリールユニットの造りがお粗末で、固定が全然できていなく、ぐらぐらすることによる共振音。リールユニットをダ○ソーで売ってるつっぱり棒を3〜5本使い上から押さえつけるように固定させると、共振音はなくなり割と静かになる。だが、モーター音自体がうるさいので・・・

KPE・高砂 メビウスター筐体

(スカイガールズ、マジカルハロウィン4など)

  • リール音  ☆☆☆(スカイガールズ)(NETのLOVER筐体より少しうるさい程度。音質は前筐体と同じ系統で純粋にそのまま静かになった感じ)

         ☆☆☆☆☆(マジハロ4以降?)(旧筐体の爆音リールを使用している可能性がある。要確認。)

  • 良い点:
    • 12インチワイド液晶搭載
    • 4chスピーカー+ウーハー搭載
    • フルカラーLED搭載
    • リール音が劇的に静かになった(スカイガールズのみ?)
  • 悪い点:
    • ホッパーが取り外しにくい
    • 電源カバーが開けにくい
    • 無段階ボリュームは必須。取付はし辛い。

大都技研 シアゾン筐体

(バンバンダッシュ、アクアマリン、吉宗、押忍!番長など)

  • リール音 ☆☆+(そんなに大きくは無い 神経質な人は気になるかも)
  • 良い点:
    • リール音は全体的に静かなほう 程よく家スロ向き
    • サブウーファ搭載機で迫力ある音が楽しめる
    • 2.1chスピーカー搭載機(上部×2・背面ウーファ×1)で後付ボリュームはつけ易い
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
  • 悪い点:
    • レバーが段々「キコキコ」と音がするようになる。
    • MAXベットボタンの文字が薄くなりやすい。
    • コイン排出口周辺のメッキが剥げやすい。(後期筐体では純正で補強板装備)
    • 本体内蔵ボリュームは上部とウーファの音量を別々に調整出来るタイプだが3段階のみで
      アテにならない。(最小音量でも爆音)
    • 販社によっては背面サブウーファに後付ボリュームを取り付けず、配線を抜いている場合あり。
    • シャッター搭載機はリール音よりシャッター作動音がうるさい。
    • ホッパーと本体がソケットで接続されているので、不要機を取り付けるとホッパーが邪魔になってドアが閉まらないことがある。メダレスジュニアがそうだった。ソケットを本体から取り外して不要機に接続すると、うまくいった。

大都技研 KATANA筐体

(シェイク�、新・吉宗、ギラギラ爺サマー、押忍!操など)

  • リール音 (忍魂以外)☆☆☆+〜☆☆☆☆(高音域でうるさく響く。下記参照)

          (忍魂)☆☆☆☆☆(独特のガリガリ音。慣れるまでキツい)

  • 良い点:
    • 一般的な機種が「ブォーン」と低音域で響くのに対し、この機種は「パァー」と高音域で響き、慣れないとうるさく感じるかもしれない。廃熱穴が結構あり、それによって音が漏れるのもうるさい原因の一つ。
    • 前・中期(シェイク�、ギラギラ爺サマーなど)と後期(秘宝伝〜封じられた女神〜、政宗)とではモーターが違う模様。後期の方がうるさい。
    • 忍魂の筐体はベースはKATANA筐体だが、リールユニットの構造が違う(下記エクサージ筐体参照のこと)
    • 機種によってはスゴビ(凄い+ビジョン)搭載で奥行きのある液晶演出が楽しめる。
    • サブウーファー搭載機で迫力ある音が楽しめる。逆に言うと、ウーファーなしの状態ではシャカシャカ音。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
  • 悪い点:
    • 2.1chスピーカー搭載機(上部×2・背面ウーファ×1)で後付ボリュームはつけ辛い。
    • 本体内蔵ボリュームは3段階のみでアテにならない。(最小音量でも爆音)
    • 販社によっては背面サブウーファに後付ボリュームを取り付けず、配線を抜いている場合あり。
    • 筐体が重い
    • リール音よりシャッター作動音やスゴビ作動音がうるさい。(個体差あり)シャッター音は配線を抜けばなんとかなる(液晶演出の見た目が不細工になるが)が、スゴビは不明。
    • シアゾン筐体からの伝統?か、サブ基板の弱さは相変わらず。非常に逝きやすい。忍魂の筐体は特にサウンド関係の基板(ロム)が貧弱ですぐに不良を起こす。基板のロムをコツンと叩いたり、基板に接点復活剤を吹きかけたり、対策はあるが、自己責任で。
    • コイン不要機の取り付けにくさは相変わらず。ホッパーはなんとか工夫すれば(斜めに入れるとか)入ることは入る。

大都技研 エクサージ筐体

(押忍!番長2、パイレーツワールド、クレアの秘宝伝、秘宝伝〜太陽を求める者達〜)

  • リール音  ☆☆☆☆☆(独特のガリガリ音。慣れるまでキツい)
  • 良い点:
    • 大都版マイスロ「ダイトモ」搭載。
    • 12インチ大画面液晶「シアビ」、従来のシャッターはもちろん、側面にはランプ兼役物の「アクションレンズ」を搭載。
    • 七色に光るMAXBETボタン。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • コイン不要機の取り付けは従来より簡単になっている。過去の筐体のように、ホッパーを取らなくても取り付けが可能になった。それでも電源部分のカバーを取ったりするので、他メーカーのものより難しいのは相変わらずである。
  • 悪い点:
    • リールがギア式であり(リール骨にギアがついている)、そのことにより、独特の「ガリガリ」音がするので、慣れるまでキツい。始動時に「ガコッ」と大きな音もするので、非常に不快。ただ、モーター駆動音自体は静かなほう。なお、「逆回転フリーズ」演出時の駆動音はかなりやばい(山佐の倍以上うるさい)
    • レバーが相変わらず非常に堅い。秘宝伝太陽〜からはレバー自体が変更になり、改善されている。(全方位感知レバーになっている)
    • 5.1chスピーカー搭載機(上部×2・下部ウーファ×1)で後付ボリュームは非常につけ辛い。
    • 本体内蔵ボリュームは従来より細かく設定できるようだが、相変わらずアテにならない。(後付け無段階ボリューム必須)
    • 販社によっては下部サブウーファに後付ボリュームを取り付けず、配線を抜いている場合あり。
    • 筐体はKATANA筐体と比べてやや軽くなった。
    • リール音もそうだが、シャッター作動音やアクションレンズ作動音がかなりうるさい。シャッター音、アクションレンズは配線を抜けばなんとかなる(液晶演出の見た目が不細工になるが)が、アクションレンズはサイドランプを兼ねているため、光らなくなる。動作させずに光らせることは可能。ただし、構造上、筐体自体の分解が必要となり、素人にはお勧めできない。
    • サブ基板関係はやっぱり貧弱。上部スピーカーから音がしなくなる・変になるということが起こりやすい模様。

SANKYO・ビスティ PS筐体

(夢夢ワールドDX、大ヤマト、トゥームレイダーなど)

  • リール音 ☆☆(サミーなどと比べると静か)
  • 良い点:
    • 全体的に静か。結構家スロ向き。
    • いいスピーカー(オンキヨー製)使っているので音が良い。
  • 悪い点:
    • サイドランプのメッキが剥げると格好悪い。
    • 本体内蔵ボリュームは3段階のみでアテにならない。
    • 業者によっては背面サブウーファのボリューム付けてない場合あり。

SANKYO・ビスティ エヴァ筐体

(KODA KUMI「PACHISLOT LIVE IN HALL」、パワフルアドベンチャー、新世紀エヴァンゲリオン〜まごころを、君に、モーニング娘など)

  • リール音 ☆☆☆+(静かな部屋では気になるかも)
  • 良い点:
    •  ?
  • 悪い点:
    • シャッター搭載機はリール音よりシャッター作動音がうるさい。
    • 本体内蔵ボリュームは3段階のみでアテにならない。

SANKYO・ビスティ 全面液晶筐体

(ストップ!! ひばりくん!、銀河鉄道物語、GTO、名探偵ホームズなど)

  • リール音 ?
  • 良い点:
    •  ?
  • 悪い点:
    •  ?

JPS ジェイピーエス筐体

(ナースウィッチ小麦ちゃん、アストロ球団、2027、シュート!など)

  • リール音 ☆☆(意外と静か)
  • 良い点:
    • リール音など全体的に静か。結構家スロ向き。
    • 筐体内蔵10段階純正ボリューム付き。
    • 意外と台が軽い。
    • 下パネルの電球は電気屋などで市販されている蛍光灯(10W形)なので点かなくなった場合などは簡単に入手可能。
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
  • 悪い点:
    • 3.1chスピーカー搭載機(上部×2・下部×1・背面×1)で後付ボリュームはつけ辛い。
    • 本体にボリュームがもともと付いてる(10段階調整)けど微妙な調節はできない。

アリストクラート 5号機筐体

(怪胴王、ダンス☆マン、哲也、マッハGoGoGo2など)

  • リール音 ?
  • 良い点:
    •  ?
  • 悪い点:
    •  ?

エマ めんそーれ4号機筐体

(ニューペガサス、めんそーれ、イミソーレ、パワーボム(蒼の空)など)

  • リール音 ☆☆(少し響くが十分静か)
  • 良い点:
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。 
    • 木箱が赤い。シブくてかっこいい。
    • 電源投入時に豪華な起動音がする。
    • コイン不要機は非常に付け易い。
    • 筐体が非常に軽い。
  • 悪い点:
    • スピーカーがドア側ではなく、木箱側についているため、共振音に注意。
    • リールの作りが雑。変なズレ方をすることがある。
    • 後付ボリューム必須。
    • ストップボタンのランプが黄色く変色しやすい。
    • 廃熱機構が甘いので、熱が篭り易い。ただし、液晶非搭載なので別に大したことない。
    • 全体的に筐体の作りが雑。

北電子 ワイドリール筐体

(ジャグラーTM、ファイナルジャグラー、アイムジャグラーEX、アイムジャグラー7など)

  • リール音 ☆+(意外と静かだが、平和の分離筐体と比べると少し気になる)
  • 良い点:
    • 3.1chスピーカー搭載機(左×・右×1・背面×1)
    • コイン不要機は1BETボタン、精算ボタンどちらにも付けられる。
    • コイン不要機の後付けは力が要らず、他筐体と比べても非常に簡単。
    • 上下パネルの蛍光灯は、普通にホームセンターで購入可能。
  • 悪い点:
    • 上パネルの蛍光灯交換は、蛍光灯の取付金具ごと外す必要あり。
    • リール部のパネル取り外しは、上の蛍光灯取付金具に加え告知ランプが付いた基板も外す必要あり。
    • しばらく使っていると、レバーを強打したときにレバーが「ブーン」と振動してしまう。(これが結構気になる)
    • 稼動率が高い機種ばかりなので、ストップボタンの真ん中辺りのメッキが削れてドーナツみたいな見た目になってしまう。

北電子 デスティニー筐体

(テイルズオブデスティニー)

  • リール音 ☆(4号機オリンピア平和分離筐体に迫る静かさ。人によってはこちらのほうが静かと感じるかも)
  • 良い点:
    • リール音が非常に静か。
    • 全方位感知レバー搭載。
    • 純正ボリュームは10段階。
    • 台枠ランプはフルカラーLED搭載。
    • スピーカーは全部で3箇所(上部×2、下部×1)
    • コイン不要機の後付けは1BETボタンへの取付が構造上、差し込み口が奥にあるので難しい。その他は非常に簡単。
    • ストップボタンは他メーカーみたいな透明ボタンなので、従来みたいにメッキが削れる心配がない。
    • コイン不要機はアイムジャグラーSP以降用の不要機が使える模様。
  • 悪い点:
    • 剣役物の動作音がうるさい。が、慣れれば大したことない。下パネルのリール役物の動作音は大して大きくない。
    • 電源カバーが開けにくい。
    • コイン吐き出し口が高い位置にあるため、コインプレイだと下皿で受けきれず飛んで行ってしまう。

パイオニア ハナハナ筐体

(シオラー、スーパーハナハナ、ゴールドシオ、ニューハナハナなど)

  • リール音 ☆+(意外と静か)
  • 良い点:
    • リール音など全体的に静か。結構家スロ向き
    • 1スピーカー搭載機(下部×1)で後付ボリュームはつけ易い。
    • 上下パネルの電球は電気屋などで市販されている蛍光灯(8W形)なので点かなくなった場合などは簡単に入手可能。
  • 悪い点:
    • 本体内蔵ボリュームは3段階のみでアテにならない。(最小音量でも爆音)
    • 下パネルの取り外しが他の筐体とは違いドア部分をほぼ全て外さないと取り外し出来ない。

三洋 三洋新筐体

(コードネームアスカ、ドギューン、逆境ナイン、アタックNo.1、天外魔境など)

  • リール音 ☆☆☆☆
  • 良い点:
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • 音量ボリューム変更時に音が出るので大きさが分かりやすい。
  • 悪い点:
    • ドアを開けてるだけでも警告音声が流れる。(「扉が開いてます」など)

三洋 クロス・ウイング筐体、COSMO SPARK筐体

(パチスロ海物語ミラクルマリン、パチスロ聖闘士星矢、パチスロ大工の源さん、パチスロ聖闘士星矢黄金激闘編など)

  • リール音 ☆☆☆☆+(サミーWing筐体よりうるさくSNK筐体よりは静か。かなり響く系の音)
  • クロス・ウィング筐体とCOSMO SPARK筐体の違いは液晶のサイズや役物ぐらいで、内部構造は同じ。コイン不要機も共通で使いまわせる。
  • 良い点:
    • 純正で100Vなのでトランスは必要無し。
    • 純正ボリュームは0〜Fまで変更可能(0は無音、4からはホール用)
    • 純正ボリュームでは微調整ができないので、後付けボリュームはあったほうがいい。取付けはしやすい。
    • コイン不要機は非常に取付けがしやすい。1BETボタンがないので、クレジット上げは精算ボタンを使用。
    • PUSHボタンメニューからも音量を5段階に変更可能(微調整程度)。
    • フルカラーLEDによるサイドランプ。
    • 高音用、低音用のスピーカー搭載。
    • レバー、ボタン共に感触は良好。
    • シャッター、役物搭載。作動音は大都技研のものほど大きくはない。
  • 悪い点:
    • リール音は決して静かではない。低音域でうるさく響くような音がする。
    • PUSHボタンメニューから変更できる音量調整はほとんど効果がない。
    • 液晶のサイズが(今となっては)小さい(クロス・ウィング筐体)
    • 液晶ファンの音が大きい。
    • ドアがやや閉めにくい。

タイヨー 筐体

(一騎当千、一騎当千Aなど)

  • リール音 ☆☆☆(結構気になる)
  • 良い点:
    • 純正100Vなので別付トランスは必要無し。
    • 下部パネルの蛍光灯は100円ショップでも購入可能。
    • 設定変更時に専用画面あり。
  • 悪い点:
    • 下部パネルが若干外しにくい。
    • 純正ボリュームが3段階(大中小)だが1番下でも爆音。
    • フロント上部に(左右)2つ、サイド1つにスピーカーあり。後付ボリュームは付けやすい方。



アイウィル筐体(沖楽、バリスタゴルフ等)

  • リール音 ☆☆☆+ (気になる。深夜はまずいかも)

        

  • 良い点:
    • 見た目より意外に軽い。
    • ボーナス回数や確率が閲覧可能。
    • (但し、初期設定で閲覧可能な設定にしている必要がある。)
    • リール始動時の振動が意外に小さい。
  • 悪い点:
    • 24Vなのでトランスが必要。
    • 後付けボリューム必須。(ボリューム調整機能がない?)
    • 設定変更時しか時刻、日付が確認できない。

ニューギン エキサイトエヴォリューション筐体(天誅、真田純勇士すぺしゃる等)

  • リール音 ☆+ (かなり静か。家スロ向き)

        

  • 良い点:
    • リール音がかなり静か
    • 大画面液晶
    • 純正100Vなので別付トランスは必要無し。
  • 悪い点:

京楽 DIAMOND筐体

(ぱちスロAKB48)

  • リール音 ☆☆☆☆ (サミー系Wing筐体、ドーナツビジョン筐体とほぼ同じ)

        

  • 良い点:
    • PUSHボタンメニューから音量を10段階で変更可能。
    • ぱちログ(サミー系でいうマイスロ)機能搭載で、カスタムが非常に豊富。
    • スピーカーは上下2箇所ずつ。
    • 液晶が上下に動く役物搭載。
    • レバーが大きく違和感を感じるが、感度は良好。
  • 悪い点:
    • 筐体がかなり重い。
    • 不要機の取付けが非常にしにくい。特にBETボタンは構造上非常にしにくい。故に不要機メーカーによっては外部ベットボタンを採用しているところがある(スロテック)。
    • 液晶役物の動作音がかなりうるさい。頻繁に動くので尚更。
    • 無段階ボリューム必須。PUSHボタンメニューから音量調整は可能だが、電源オフでリセットされてしまう。ボリュームの取付自体はしやすい。
    • 電源は24Vなので、トランス必須。

エンターライズ 旧筐体

(戦国BASARA ストリートファイター4)

  • リール音 ☆☆☆☆+(山佐ぐらい 高音域で響く)
  • 良い点
    • 台がそこそこ軽い
    • 造りが簡素なのでメンテしやすい
    • 不要機もボリュームもそこそこ取り付けやすい
    • 不要機は1箇所のみコネクタ挿し辛く、カシメ外す必要が有るかも。
    • 電源は100Vなのでトランス不要
  • 悪い点
    • ヤマサ、大都に並ぶ爆音。掃除機を掛けているような爆音。プアーンとかなり響く高音。消音加工無しでは遊べない、マンションアパートは無理と言っても過言ではない。
    • リールユニットの固定がネジ1本、リールを構成してる素材全てが安物のため共振音が物凄い
    • 背面の板がコルク製のため音が逃げまくる
    • 純正スピーカーはアテにならない。下スピーカーの低音が結構うるさくリール始動時と停止時の低音が気になる。防音設備の整った環境でないと遊べない。

エンターライズ 現行筐体

(バイオハザード5 モンスターハンター月下雷鳴)

  • リール音 ?
  • 良い点 ?
  • 悪い点 ?

結局 一番初めに買った台がポイントだと思う
鉄拳とか液晶系の筐体を買ってると ほかの台は気にならないし
最初にオリンピアとかミレニアム筐体とか静かなやつだと気になると思うし。

持ってる持ってないを含めて
山佐(テトラ系、古い筐体除く全て)・アリビット(タイヨーエレック旧筐体)・ベルコ(旧筐体)・SNK・KPEはかなりやばいと思う。 特にELのリール音は超ヤバイ

餓狼伝説PREMIUM欲しいんだけど、音やばいの?コードギアス1の音がすごくて近隣がら苦情が来て買い替えたいんだけど><;;;;

Last modified:2017/07/06 00:06:03
Keyword(s):
References:[SideMenu] [.]