Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

家に実機導入までの流れ

最初に

家スロ*1を導入するにあたって・・・。
まず、ほしい機種を購入することから始まりますが
「なんとなくほしい」「どれでもいいからほしい」「打ったことないけどほしい」
という気持ちで購入はやめたほうがいいです。そんな気持ちでは、すぐに“置物”になってしまいます。
「自分の愛着のある機種」「本当に好きな(思い入れのある)機種」「ゲーム性そのものが面白いと思う機種」
「これが無いと俺(私)は死ぬ!」
と思うまで購入は控えましょう。

特に4号機ストック機購入の場合、慎重になってください。
それは自分でストックを貯めなければならないため、低設定で打つ必要があります。
(自動打ち込み機*2という便利な機械がありますが・・・)

家スロでは、好きな機種を時間とお金を気にすることなく打ち続けられる。設定を思いのままに変更して
打てる。缶コーヒーやお茶ではなく、ビールやチューハイを片手に打てる。など良い所もありますが、
問題点もあります。
それは「場所を取る」「廃棄しづらい*3」 という2点です。
言い換えれば、家スロを導入したら生活スペースのうち幾分かを占有され、しかも廃棄しづらい為に
占有され続けることになりますので、それを頭に入れた上で購入検討して下さい。

家スロ初心者の為の導入・促進ガイド 参照URL   http://ieslo.tonosama.jp/
「パチスロ?ストック機?何ソレ?」という方は百科事典ウィキペディアのパチスロを参照して下さい。


なお下記の内容は、書かれてから時間が経過している部分や、各機種での異差などの理由で、
全てに当てはまるとは限りません。下調べを十分に行って判断してください。

1:購入の準備

まず部屋に実機を置くスペースを確保します。
想像以上に重いので出来るだけ1階に置ける方が望ましいです。

高さ約82cm
幅 約52cm
奥行約25〜30cm
重量約35kg

(※高さ・幅はほぼ同じだが、奥行・重量は機種により若干異なる)

店ではメダルの払い出し音以外は全く気になりませんが、周辺がやかましい所為です。
自宅ではちょっとした動作音も気になるかも知れません*4
特にメダルが払い出される音は爆音です。振動も結構あります。
家がマンションや団地の場合は「コイン不要装置」の導入も検討してください。実機と同時購入で少し安くなる店もあります。
完全無音でのプレイは不可能です。リールのモータ音、リレー*5やメダルブロッカー*6の動作音、一部の液晶台では空冷ファンの音が耳につくこともあります。
これらの音はまず消す事はできません。リール音の早見表も参考にしてください。

2:購入方法

買う方法については「店頭販売」「通信販売」「ネットオークション」等があります
購入の第一歩は相場観を持つことです。手当たり次第にお目当ての機種の価格を調べてみましょう。

※家庭用スロット中古市場では「安かろう=悪かろう/高かろう=良かろう」は
 必ずしも当てはまらないので注意して下さい。

ネットオークション

かなり格安で入手可能ですが、オークションの知識がかなり必要です。
スロット系の詐欺は多いので初心者にはオススメできません。

「店頭販売」

実機を見て購入ができます。一番確実な方法です
しかし実機販売の業者は首都圏や地方に固まっているので、近所に無い場合が多いです。
また車等が訪問*7や持ち帰り用*8に必要です。
パチンコ・パチスロ雑誌の広告や価格確認のための中古台屋リストで探してください。
訪問に事前に予約が必要な店もあります*9。予約不要でも、事前に見たい機種を伝えておくと出しておいてくれる時があります。

「通信販売」

ほとんどの人がこれになるかと思います。
価格確認のための中古台屋リストで各HPを見て選ぶといいと思います

3:購入する時の店選び

各店のセット内容(付属品)を確認します。

  • トランス
    • 家庭用電源(100V)からスロット用電源(24V)に変換する装置。
      最近はスロット電源が最初から家庭用電源(100V)で動く(変換トランス内蔵型)もあります*10が、そうでなければ必須です。
      必要な台にはほぼ全店で付いていますが、オークション品や友人から譲り受けた場合、付いていない時がありますから確認しましょう。
  • 後付ボリューム
    • ホールのうるさい環境で聞こえる音量なので家では爆音になります。
      筐体にも音量調整が付いていますが、2段階や3段階しか変えられない機種が多く、最小でも家では爆音なので、それを調整するのに使います。
      ほぼ全店で付いていますが性能の悪い物(安物)が付いてる場合が多いです。
      半田が扱えるのであれば簡単に取り付け(付け替え)可能。ボリューム交換参考
      オークション品(ホールからの流れ物)には付いてない場合がほとんどですが、この場合でも自分で安く付けられます。
      なおスピーカーのコネクタを外せば、一応無音で遊ぶことも可能です。
  • 設定キー
    • 筐体の設定*11を変更するのに使います。
      普段使う事はあまりありませんが、事実上必須です。
      そのためほぼ全店で付いてますが、トランスと同じく注意が必要です*12
      無くても一応遊べますが、長期間放置すると設定が1に戻ることもあります*13
      また、機種によって深刻なエラーの場合設定を打ち直す必要があることもあります。
      なお、店によってはキーではなくスイッチに交換されていることもありますが、これでも問題ありません。
  • コイン
    • ほぼ全店が中古コイン付属しています。
      店によって枚数に違いがあり、500枚から1000枚の間が多いです。
      目安としてはその機種のBIG/AT平均獲得枚数以上は欲しい所です。
      オークション品は付いてない事が多いので確認しましょう。
      また、コインのみをオークションで入手することも可能です。
      コイン不要装置と同時に買うと当然付いていません。
      また10円玉等の硬貨で遊べるように改造をしてくれる店もあります*14
      貯金箱代わりにもなりますが、この場合はメダルでなく自分で硬貨を用意する必要があります。
  • ドアキー
    • ドアを開ける時に必要。
      以前までは付属してない店が多かったですが、現在は付属する店のほうが多いです。
      キーはほとんどがコピーキー*15ですが、一部の店ではメーカー純正キーが付属している場合もあります。
      付属してない店の場合は「横穴式」という方法が用いてドアを開閉します。
      店側で筐体の横に穴を開け、ここに指を入れてドアロックを解除する方法です*16
      キーは別売りで売ってますが2000円〜4000円ぐらいします
      ドアキーが付属or別売りかで店を選んでるユーザーも多いようです*17
      ドアキーがあるとキーを左に回すだけで打ち止め状態を解除できる他、一部メーカーではエラー解除もできます*18
      なおドアキー付きの場合、ドアを開けるのにはキーが必要ですが、閉めるのには必要ないので閉じ込めに注意が必要です。
  • 他付属品
    • 保証書(店の保証書)
    • 取り扱い説明書
      各店のが付いてきます。メーカーの取説が付いてくる事は極めて少ないです*19
    • サイドタンク*20
      ほぼ付いてません。
      筐体購入時にこちらからお願いすると、おまけで付けてくれる場合もあります。
      また、底付きと底無しがありますので確認しましょう。
    • ドル箱
    • 洗浄ボール等
  • こういう物を付属品にして特徴を出してる店もあります

各店の特徴も見極めましょう

店の評判についてはスレを参照にしてください。
どの店がいい?等の質問を当スレで聞くと大抵スルー(無視)されます。
スレ内によく店の各個人の評価(届いた時の状態やアフターケア等)が書かれてますので参考にしてください。

4:購入時の注意

24時間365日、常に値段が変動しています。
雑誌で値段が書いてても古い情報で値上がり(値下がり&売り切れ)の可能性があります。
最新価格はHPや電話で確認してください。

基本的に入手できる物は中古しかありません。中古という時点で適正価格は
無いようなものです。また中古品の元となるホールでの新台も入れ替わりが激しいため、
中古品の市場流通量や価格相場の予測をするのは極めて難しいです。

自分がほしい!と思った時が買い時です。買った後に値段が暴落しても泣かない。
あまりに値段を気にして購入を見送っていると市場に在庫がなくなりもっと泣きます。

店によってはHP注文用在庫と電話注文在庫が別の場合があります
電話で売り切れと言われた後HPで注文したら買えたという事例もあります。

電話注文の際は、マナーをちゃんと守りましょう。
配送業者に負担をかけないよう不在が多い場合は日時又は時間指定で送ってもらいましょう。
(メダルや付属品も含めて重量が40kgぐらいあります)

5:設置について

商品が届いたら大仕事の始まりです。
まず、設置予定の場所まで運びます。
運送会社さんが届けてくれるのは、原則として軒先(普通は玄関)までです。
従って、屋内の設置場所までは自らの手で動かすことになります。
運んでくれた運送屋さんに自らも手伝うことを前提に丁寧にお願いするかチップ渡すことで設置場所まで
運んでもらうというのも一つの手ですが、何かあった場合の責任が取れないので普通はお断りされると
思います。
移動は箱を引きずって運びますが、フローリングの場合、下に毛布でも敷いて滑らせるように移動させると
床に傷を付けず、移動も楽です。

※設置場所が別フロアで階段を上り下りする場合、ダンボールのままでは持ちにくい
 (または重すぎる)時は、一度開梱してホッパーや付属品を取り除き(その分だけ
 軽くできます)実機の取手を持って運びましょう。

ダンボールを開ける。
スロ専用ダンボールは大きく分けて上下開封型と左右開封型の2種類あります。
大抵ダンボールに開け方が書いてますが一応。

  • 上下開封型ダンボールの開け方。
    ダンボールの下を開けます。
    付属品を取り出すと筐体の底が見えるはずです。
    ダンボールのフラップを外側に出しながら開けた面を下にしてダンボールをそのまま上に
    引き抜きます。
  • 左右開封型ダンボールの開け方。
    ダンボールの横を開けます。
    筐体側面の取っ手が見えるはずですので、取っ手に手をかけスライドするように出す。
※ダンボールをカッター等で引き裂いてもいいですが筐体に傷がつく場合もあります。
※引越しや友人に実機を送る時など配送業者を利用する場合ダンボールは必要に
 なりますので、出来るだけダンボールは捨てずに保管したほうか良いでしょう。

ダンボールから実機を取り出したら設置する前に外部状態チェックを必ずしましょう。
輸送時の揺れや振動、配送業者の荷物の取り扱い方で部品が取れていたり破損している可能性もあるので
外部をチェックして下さい。

※この時まだコンセントには差し込まないでください

実機を設置する時は、筐体の後ろ側も後々の配線や動かし易さを考慮して若干の余裕を
残しておいた方がいいでしょう。例えばドアが開く左側は壁にピッタリ付けられません。
当然ながら、ドアキーがなく横穴or後穴を使う場合にはその分の“あそび”が必要になります。
さらに、コンセント位置やインテリア、景観等を踏まえながら設置場所を確定しましょう。

6:最終確認

まず、取り扱い説明書を読んでください。
ドアを開けて差し込みプラグと電源BOX*21の間にトランスがあることを確認してください。
トランス不要の機種もあります*22がもし付いてなくて不安な場合は店に電話して確認しましょう。
(特にオークション品や譲り受けた場合は相手に確認を取りましょう)
100Vでも24Vでも差し込みプラグの形は同じなのでそのまま家庭のコンセントに差し込まないように注意!*23
電源スイッチが切れていることも確認しておきましょう*24
電源スイッチは電源BOXにあります。
内部のケーブル類が抜けていないかも確認してください。
電線が付いている側のコネクタが余ることはほとんどありません。
基板側のコネクタは大抵余っていますからそのままで構いません*25
抜けていた場合は元の場所に差し込むことになりますが、ほとんどの場合「そのケーブルがあまり余らずに差し込め、形状が一致するコネクタ」が差し込み先に該当します。

「コイン不要装置」を同時に購入した場合はすでに取り付けられている事が多いですが、そうでない場合は自分で取り付けます。
不要装置の説明書に取り付け手順が書かれているはずですので、それを参考にして取り付けます。
不安であればここで取り付けず、台が正常に動作することを確認してから取り付けても良いでしょう*26

説明書も参考にして全て確認したら、いよいよコンセントに差し込んで電源を入れます。
場合によってはエラーになります。
これは大抵の場合、電源が長期間入れられていなかったため、設定がクリアされた為に出たものです。
このエラーは電源スイッチそば*27の「リセット」ボタンで、又は設定変更で正常に戻れば問題ありません。
リセットボタン・設定変更でも正常に戻らない場合は一旦電源を切り、リセットボタンを押しながら電源を入れなおします*28

次に電源を入れた状態で電球切れなどをチェックします*29
切れていたら予備電球を使いましょう。
付属してない場合も運送中の電球切れは大抵保障してくれます*30ので電話しましょう。
交換する際は電源を切り、しばらく置いて電球が冷めてから交換してください*31
最近のスロットはLED球を使用している場合が多く、そのLEDが点灯しない場合は、LED球交換かLED基盤交換になり素人では交換が難しいです*32

後は説明書の通り各種設定してください。
設定は大抵1になっているので、ここで6等に打ち直すと思います。
設定変更の方法は

電源オン→設定キーをオフ→電源オフ→設定キーをオン→電源オン

とするとクレジット部分に設定値が表示されて設定変更モードになります。
リセットボタン(もしくは設定変更ボタン)で設定を変更(1→2→...5→6→1...)して、好きな設定になったらスタートレバーを2度*33叩きます(叩かないと確定されません)。
その後設定キーをオフにして*34電源を入れ直す*35と通常状態に戻ります*36。なお、設定キーを抜く必要はありません*37
ボタンを押しても設定値が変化しない場合、それは電源が入った状態で設定キーをオンにしていた*38ケースがほとんどです*39
電源が入った状態で設定キーをオフにしてから上記の手順を行ってください。
液晶データ機能付きの機種の場合はついでに液晶の設定も行っておくと便利です。
ほとんどの機種では設定キーをオンにした状態で設定します。

最後に、一通りの動作チェックをしましょう。

お疲れ様でした。
それでは楽しい家スロライフを楽しんでください。
エラーなどの対処方法はエラーコード一覧FAQ集を参考にしてください。

Last modified:2008/10/25 09:00:00
Keyword(s):
References:[FrontPage] [SideMenu]

*1 家スロとは「自宅に設置したパチスロ実機(で遊戯すること)」です

*2 文字通り、自動で打ってくれる機械です。MAXBET→レバーON→各ストップボタンという流れを自動で行ってくれます

*3 産業廃棄物(実機)の不法投棄は犯罪です。絶対に不法投棄しないようにして下さい

*4 特にリールの回転音は家スロで始めて気付く人も多いかも

*5 カウント用です。カチカチ鳴ります

*6 ロックアウトソレノイドとも呼ばれます。ガチャッと鳴ります

*7 タクシーという手もありますが

*8 大抵宅配サービスがありますが

*9 事務所と倉庫が離れている場合など

*10 この場合もちろん不要です

*11 ボーナス確率等

*12 特にオークション品

*13 こうなると設定を変更できなければ・・・

*14 法規内の遊戯に限ります

*15 普通に使用するならコピーキーでも問題ないです

*16 ロック金具を指先で押し上げます

*17 金庫代わりに使っている人もいるとか

*18 改造でできるようになるメーカーもあります

*19 良くてコピーしたもの

*20 ホッパーからあふれたコインを受けるもの

*21 たいてい左下にあります

*22 台の後ろに電源100Vと記されている場合があります

*23 24V機を家庭の100Vコンセントに差し込んで電源を入れるとほぼ100%あぼ〜んします

*24 店では各台のスイッチは入れておき、元で集中管理する事があります

*25 工場検査用コネクタなどがあるので余っています

*26 取り付けるまではホッパーの爆音は我慢するしかありませんが

*27 設定変更用にドアにある機種もあります

*28 これをRAMクリアといいます

*29 最近はLED球を使用している筐体が多いです

*30 アルゼのMantis筐体(百景など)のリールバックライトは特殊(フルカラーLED球)なので保障対象外の店もあります

*31 リールバックライトの電球交換は手順が難しい事があるので、説明書を良く読みましょう

*32 LEDは特殊な電球なので保障対象外の店もあります

*33 本来は1度でいいはずですが、念の為2度叩くようです

*34 先に設定キーをオフにします

*35 入れ直さなくてもいいメーカーもあります

*36 メダルを受け付けるようになります

*37 紛失防止に抜かない方がいいです

*38 電源を一度切っても記憶しています

*39 この状態では設定確認しかできません