Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

動物に関するのことわざ

パゴレ キ ナ ボレ、 チャ*ゴレ キ ナ カ*イ

(きちがいが口走らないことはない、山羊が食べないものがないように)

  • パゴール = きちがい
  • キ = 何、〜か?(疑問を表わす)
  • ナ = 否定
  • ボレ = ボラ(言うの三人称)
  • チャ*ゴール = 山羊
  • カ*イ

バングラデシュでは、家畜の牛や山羊がその辺をうろうろしている。道を牛に邪魔されるなんて日本では考えられないことだ。鶏やアヒルの姿もかわいらしい。田畑を見れば、農作業をしている人や刈り取られた後の落ち穂を食べる牛や山羊などでとても賑やかで、日本の田園風景がいかに殺風景か思い知らされる。

ところで、牛や山羊は何でも食べるのである。パイナップルの葉っぱを近所の家で飼っている山羊にあげたら、とても美味しそうに食べていた。ごみ捨て場に捨てられた生ごみを目当に牛がやってきて、ごみの多くは片付けられる。牛が食べれなかった祇などは山羊が食べてしまう。よくみると、道端の草も草苅をしなくてもいつも短く、やわらかい草などなく、すべてかたそうな雑草ばかりだ。

山羊はバングラデシュではとても身近な動物なのである。だから、気狂いと対比させるのに山羊が使われたのだろうと思う。

Last modified:2005/03/31 23:00:41
Keyword(s):
References:[ことわざ]