Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

誰でもベンガル語

2001年12月8日にバングラデシュに到着した。 さっそくバザール(市場)へ遊びに行くと、 店のおじさん、道端の子供たち、誰もがベンガル語ぺらぺらである。 今まで、「ちょっと黙って」と言われ続けてストレスが溜まっていたので、 いつまでも私と一緒にベンガル語で相手をしてくれる人たちを得てとっても嬉しかった。 中には、外へ行くのが怖いといって家に閉じこもっている隊員もいるが、 私は毎日のように外へ行って、いろんな人と会話を楽しんだ。

訓練所時代、リキシャに乗る場面を想定して会話練習をしたことがある。 どきどきしながら、「エイ、リキシャ、ジャベン ナキ?」といったものだ。 やっぱり実地は違う。 人によって少しずつニュアンスが代わるし、すぐに慣れた。 こうして毎日喋っているうちに、訓練所の教科書で難しそうに説明してあった いろいろな違いが、体感することで簡単に理解できるようになった。

Last modified:2004/10/31 22:13:34
Keyword(s):[ベンガル語会話] [ぺらぺら] [体感]
References: