Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

持つべきものは英語のしゃべれない同僚

私はいろんな意味で同僚に恵まれたと思う。 その理由のひとつに、同僚が日本語も英語も喋れなかったこと。

隊員が昔から派遣されているところでは、 同僚たちが結構日本語を喋れることがある。 私の職場は新規派遣ということで、誰も日本語はできない。 さらに、私の同僚は英語も喋らなかった。 英語を喋る同僚がいたら、私がベンガル語を理解できないとき、 英語で理解させようとするだろう。 しかし私の同僚は、私がベンガル語を理解できないとき、 ほかのベンガル語で理解させようと努力してくれた。 このおかげで、ほんとにいろんなベンガル語を学ぶことができた。

何かが起こったときに、それを日本語や英語を通さずに ベンガル語で理解するのは大切なことだ。 多くのベンガル語は、日本語に直訳することができない。 例えば、前に書いた「トゥミ」も 日本語の「君」に訳すと少し違うものになってしまう。

アメリカンピースコー(アメリカのボランティア)の可哀想なところは、 生徒も同僚も英語の勉強をしたいがために、英語で話しかけてくることだ。 このため、なかなか私たち日本人のようにベンガル語が上達しない。

私の同僚、ほんといい子なんです。 インドの新聞に結婚相手探しの欄があるってご存知ですか? バングラデシュの新聞にもありましたよ。 そこで、ここにもちょこっと広告。

ニベディタ・ドット 27歳独身、容姿端麗、
ヒンドゥー教になってくれるエンジニアの結婚相手募集
Last modified:2004/10/31 22:24:42
Keyword(s):
References:[ベンガル語]