Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

私の好きな歌2 アミ バングライ ガン ガイ

バングラデシュではじめに買った歌のCDは国の歌を集めたアルバムCD。 その中に「アミ バングライ ガン ガイ(私はベンガル語で歌を歌う)」があった。平易な言葉で書かれた詩はベンガル語をあまり知らなかった私にも理解できるところが多く、また自分の思いと似ているところがとても気に入った。今はバブーという歌手が歌って有名になりましたが、ブッペン・ハジャリカの歌だという人も多いです。でも、ブッペンハジャリカのCDにはこの歌を見たことがないです。本当は誰が作った歌なんだろう?それでは歌詞を紹介します(直訳で途中変なところがあります)。

私はベンガル語で歌い、私はベンガルの歌を歌う。
私は、自分が誰なのか、このベンガルで永遠に探している
私は、ベンガル語で夢を見、ベンガル語で歌いながら、
このベンガルの豊かな道をこんなに遠くまで歩いてきた。
ベンガル語は私の人生の楽しみで、私の心の幸せだ。
ベンガル語の幸せを一度見て、また何度も見た。

私はベンガル語で話し、ベンガルの話をする。
ベンガル語で愛し、ベンガル語で笑う。
ベンガル語で喜び、ベンガル語で悲しむ。
すべてを見て、聞いて、怒って、ベンガル語で叫ぶ。
ベンガル語は私の誇りで弓矢です。
ベンガル語の幸せを一度見て、また何度も見た。
...

(ベンガルとは、バングラデシュとインド西ベンガル州の地域を指す
ベンガル語も、ベンガルの土地もベンガル語で「バングラ」という。)

バングラデシュ大好きな私には、この歌は私そのもの。特に、「怒ってベンガル語で叫ぶ」のところでは力が入ります。よく授業で怒って叫んだものです。

エクシュ・フェブラリ(2月21日の語学運動の記念日)に 外国人によるベンガル語の弁論大会が行われました。 そこでびっくりしたのが、 ほかの外国人もこの歌が好きだということです。 2名の弁論者がこの歌を壇上で歌っていました。 ほかにもこの歌の隠れファンがたくさんいることと思います。

Last modified:2004/11/01 00:39:57
Keyword(s):[ベンガル語] []
References: