Create  FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

Wiki de Bangladesh - Search Results

  • ぼくの夢は学校へ行くこと - [子供にも読めるようにと書かれたバングラデシュの子供達を知るための本。NGOに参加した著者が、バングラデシュの北東部、シレットのある学校を訪れたときのことを書いています。]
  • ことわざ - [ことわざは、文化を反映しているものが多くてけっこう面白い。バングラデシュで耳にしたもの、辞書にのっているものを紹介していきたいと思う。ベンガル語のことわざや詩は、韻を踏んでいるものが多いので、それも楽しんでほしい。]
  • 掲示板/2006 - [!バングラデシュ支援チャリティーイベント] - なおなお (2006-12-22 (金) 12:35:19)]
  • 掲示板/2007 - [*2007-11-25 (日) 19:08:09 なおなお : ラッシャヒは、小雨だったとJOCVの方が言っていました。シャプラニールはすぐに募金活動を始めていましたね。仕事関連の知り合いが、シャプラニールに寄付したと聞いてびっくりしました。バングラデシュ関係者ではなかったので。二次災害など被害が拡大しないことを祈ります。]
  • - [! バングラデシュ料理のレシピ]
  • 商い - [*[[日本バングラデシュ友情インターネット・カフェ]]]
  • ノクシカタ - [ バングラデシュでは、サリーや腰巻などの古くなった長い布を何枚か重ね、それらを細かい刺し子で縫い合わせ、敷布や掛布として生活に再利用しています。ベンガル語で「ノクシ」は「デザイン」、「カタ」は「布」という意味です。色糸のデザイン部分にいたるまで基本的に前へ前へと運針されているところが特徴です。]
  • SideMenu - [# [[バングラデシュ人]]]
  • !4種類の「た」、3種類の「ら」 - [バングラデシュでは、もっと区別しないといけないんです。]
  • HikiWikiの練習 - [※バングラデシュとは関係ないリンク何度か書き込まれたので、しばらく編集不可にさせていただきました。]
  • 掲示板 - [*2008-12-25 (木) 12:44:06 なおなお : 返事がとーっても遅くなって大変申し訳ないです。サイトを拝見させていただきました。おすしとか、納豆とか、うなぎとか、バングラデシュではお目にかかれなかった食材があるんですね。値段がTKと書いてあるのが懐かしかったです。リンクまだ間に合うでしょうか?是非よろしくお願いします。こちらでも、リンク集に追加させてもらいます。「ながさき」さんの成功を祈っています!]
  • リンク集 - [バングラデシュ関係のサイトを集めました。]
  • A Golden Age - [ バングラデシュ独立戦争を描く大河小説、ダッカで出版]
  • 動画 - [バングラデシュ、ベンガル語関連の動画を紹介していきます。]
  • FrontPage - (matched in keyword)
  • 掲示板/2004 - [一口にバングラデシュ情報と言っても、国際結婚組から見たバングラデシュ、NGO関係者から見たバングラデシュ、また体験した地方、年代(近年発展が目まぐるしく、状況がどんどん変わってきている)などによっても状況が変わってくると思います。]
  • 掲示板/2005 - [*2005-12-17 (土) 00:26:57 なおなお : まささん、お返事遅くなりました。GーSHOCKなんて送られたらびっくり仰天、跳び上がって喜ぶこと間違えなしです。女性は敬虔なイスラム教徒でブルカをかぶっているのですね。Bangladesh-Japan Community というメーリングリストがあり、たくさんの日本在住のバングラデシュの方がいるので、郵送方法やアナログ/デジタルについて聞いてみます。返事は週開けになると思います。私としては、途中で盗まれないかが一番心配です。]
  • おふくろの味ガラムマサラ - [バングラデシュで、いろいろな家庭の台所にお邪魔しましたが、ガラムマサラを作っているところは見たことなかったです。肉料理には、シナモン、胡椒、クローブ、カルダモン、ベイリーフなどをそのまま小さく砕いて煮込んでいました。それを粉にしたものを「ガラムマサラ」と呼ぶとは…]
  • サトイモボッダ - [バングラデシュの北西部、ディナスプール県の田舎で、一度ねばねばしたジャガイモのボッダを食べたことがあります。さといもじゃないのに、ねばねばしていておいしかった。ついでに、パートシャーク(ジュートの若葉)のスープもディナスプールではよく食べるらしく、おいしくいただきました。どちらもねばねばです!]
  • ディムトルカリ - [* 生姜、たまねぎのすりおろしは、バングラデシュでは、石の板ですりおろしたものを使います。卸金でもOKですが、ミルサーなどで細かくすると舌触り滑らかでおいしくなります。分量はかなり適当なので、自分で調節してください。]
  • 懐かしい歌 - [バングラデシュから帰国してはや3年半が経過しました。]
  • 日本で思うこと - [日本に帰って来てから、バングラデシュのことを思うことがある。日々の生活で、「あ、バングラデシュならこうだった。」と日本との違いを見つけたときに、それを紹介していきたいと思う。いつまで続けることができるか。。。]
  • 裸でも生きる - [! バングラデシュで起業]
  • いろいろなベンガル語の歌 - [バングラデシュの歌では、国を母にたとえて愛情を込めて歌うことが多い。]
  • 人生に関するのことわざ - [バングラデシュでは、日本では考えられないほど「道徳」のない人が多い。欲しいものが割りと手に入れやすい日本とは違って、貧しい人達は、その日食べるものにもありつけないこともある。だから、人のものを盗んでしまうのだと思う。確かに、たくさんのものを持っている人から、少しくらい物をもらってしまってもそんなに困らないだろうとも思う。]
  • 献血 - [バングラデシュで、2回献血をしました。日本の献血と違うところを紹介したいと思います。]
  • 喪失の国、日本 - [!シャルマさんが日本で感じたこと、私がバングラデシュで感じたこと。]
  • 直子コンピュータ技術訓練所スタート - [アロアシャ学園の生徒だったナジュムール君は、私がバングラデシュでインターネットカフェを経営していたときに、お店で働いていました。賢くて、心根のよい子です。]
  • 報告 「バングラデシュ支援チャリティーイベント」 - [先週の日曜日に「[[バングラデシュ支援チャリティーイベント|http://bangla.web.fc2.com/]]」を見に行きました。面白い活動なので、紹介させてください。]
  • 第10回カレーパーティ - [2005年10月に自宅でカレーのホームパーティを始めて、はや10回目になりました!バングラデシュの習慣からすると少ないダワットですが…]
  • 新鮮だけれど硬い肉 - [バングラデシュの肉はとても新鮮だ。]
  • 食/Wiki de Bangladesh - [*[[ごみのないバングラデシュ]] ]
  • 日本でダワット - [!バングラデシュ人留学生を招く]
  • バングラデシュのようなアメヤ横町 - [!上野のアメ横に、バングラデシュ料理の食材あり]
  • イード祭 - [2002年の断食月は、バングラデシュで現地の知り合いと共にほとんど全ての断食をした。「断食とはどんなものか?」という好奇心があった。私には、夜明け前に起きるのが辛く、何度か3時ごろまで起きていて、ごはんを食べてから眠ることがあった。また、何も食べずに断食をした日もあった(これでは断食にならないそうだ)。]
  • サリーをきて仕事 - [今日は、ハローウィンという名のもとに、職場の女性陣にサリーを着せ一日中仕事をした。ひさしぶりにサリーを着て仕事をして、バングラデシュでサリーを着たときのうきうきした気分を思い出した。サリーを着た同僚が働いている姿を見て、変だけど面白いと思ったり、なんだかとても懐かしくも感じた。]
  • 基礎からはじめるベンガル語学習 - [先生は、私達生徒に関心を持たせるために、毎日楽しく授業をしてくださった。恋愛系の話がうけると知ってか、よく生徒の恋愛話を取り上げていたことを覚えている。また、毎回バングラデシュ派遣予定の候補生達を、自宅に招いてベンガル料理を振る舞ってくださる。とてもとても素敵な先生だ。]
  • 鍋洗い - [明日は、職場の同僚達にダワット(ご馳走)することになりました。そこで、今日は家の大掃除をしました。台所の鍋を掃除しているときに、バングラデシュのことを思い出しました。]
  • バングラデシュ全土で450個の爆弾が同時爆発 - [!2005年8月15日、バングラデシュ全土で爆弾爆発事件]
  • 治安 - [平和な日本では考えられない事件がバングラデシュでは結構起きるのである。いろいろな事例を挙げていきたいと思う。]
  • ダッカへ帰る日 - (matched in keyword)
  • 足を見せるのは恥しくてもお腹は平気 - [バングラデシュで女性は決して足を見せない。サロワカミューズの「サルワ(ズボン)」もサリーもすっぽり足を隠す。足を見せることは「はしたない」と思われる。]
  • ベンガル夜想曲 - [バングラデシュで有名なバウルに「ラロン」がいる。私はクスティアのラロン祭に行ったことがある。しかし政府主宰のステージに集まったのは、ラロンの歌を「ションギート(音楽)」として歌う人ばかりで、バウルらしいバウルはいなかった。本物のバウルは「ラロン・アカデミー」を作った政府に土地を逐われたという既述を読んだこともある。]
  • 血と泥と(バングラ・デシュ独立の悲劇) - (matched in keyword)
  • インドの大地で - [!インドを知って、バングラデシュを知る]
  • 嫁してインドに生きる - [バングラデシュで、いくつかの大家族を見てきた。実際にその家族になったわけではなかったので体験することはできなかった。しかし、家族の一員になった瑛子さんが見た大家族、大家族の移り変わり、異邦人ゆえの大変さを]
  • 劇・映画・ドラマ - [バングラデシュでは、日本アニメも衛星放送(インドの)で何本か見る事が出来ます。]
  • バングラデシュを知るための60章 - [!43人が紹介するバングラデシュ]
  • ドル ドル ドラニ―ベンガル語への誘い - [バングラデシュへ行く前に、図書館でこの本と出会い読んでみた。言葉が好きな私は、「ベンガル語のことわざ」とか、家族との関係など、とても面白く感じた。その中で、特にこの本が印象に残ったのは表題の「ドル ドル ドラニ」だ。]
  • ムハマド・ユヌス自伝 - [私がバングラデシュに赴任したのは2001年12月。すでに「グラミン銀行」の名は有名で、携帯電話と言えば「グラミン・フォン」と言われるほどだった。JICAから支給された携帯電話がその「グラミン・フォン」だったので、「もうかっているNGOだな」と思っていた。]
  • 私から15万円騙し取った友人 - [バングラデシュへ行くときはコンピュータを持っていかなかった。お金がなかったからと、現地で組み立てればいいやっと思ったからだ。]
  • 動物に関するのことわざ - [バングラデシュでは、家畜の牛や山羊がその辺をうろうろしている。道を牛に邪魔されるなんて日本では考えられないことだ。鶏やアヒルの姿もかわいらしい。田畑を見れば、農作業をしている人や刈り取られた後の落ち穂を食べる牛や山羊などでとても賑やかで、日本の田園風景がいかに殺風景か思い知らされる。]
  • なおなお - [!バングラデシュとのかかわり]
  • 大家族 - [バングラデシュで8人位の兄弟姉妹はざらである。「日本だったらテレビが取材に来るほど珍しいよ。」とみんなに言ったものだ。最高で18人兄弟という家族に出会った。18人も子どもが産めるの?と思ったのだが、現在のお母さんは後妻だそうで、それでもそれぞれ9人ずつくらい産んでいる。小さな子どもがいるのに、お父さんは70才位ではないかと思われる程の「おじいさん」だった。親子かと思ったら姉弟だったと言うこともありえる。]
  • バングラデシュ人 - [ここでは私の出会ったいろいろなバングラデシュ人について紹介していきたいと思う。]
  • レッスン・ティーン - [||シャハナ||{{e(2438)}}{{e(2474)}}{{e(2472)}}{{e(2495)}} {{e(2476)}}{{e(2494)}}{{e(2434)}}{{e(2482)}}{{e(2494)}}{{e(2470)}}{{e(2503)}}{{e(2486)}}{{e(2503)}} {{e(2453)}}{{e(2495)}} {{e(2453)}}{{e(2480)}}{{e(2503)}}{{e(2472)}}?||アプニー バングラデッシェ キー コレン?||あなたはバングラデシュで何をしているのですか?]
  • 苦境に陥ってもいい人はいい人 - [バングラデシュでは嫉妬や騙しが日本より圧倒的に多いと思う。他人を嫉妬し邪魔をする人、お金の貸し借りで騙される人、いろんな人を見てきた。そんなひどい環境にいるから悪者にならざるを得ない人たちがいるのだろうと思った。私もそんな苦境に陥ったら、悪者になってしまうかも知れないとも思った。]
  • ラジカセ事件 - [理由は簡単だった。壊れたのである。今まで一度も自分から返さずに、壊れたから突っ返すとはなんとひどい人だ。バングラデシュ流にこっちもかなりたくさんの小言を言ってラジカセを引き取った。「テープを入れると引っかかってしまう」病と判明。帰国も間際だったので、めんどくさいのもあり、「ちょこっと部品を換えればまた使えるからあげる。」と奥さんに壊れたまま押し付けた。直して500TKくらいで売ろうと思ったけど、その時間がなかったのが残念だ。奥さんは、本当にずうずうしいのだ。]
  • もう仲良くしないで - [最後の日、別れの前にみんなで一緒にお昼ごはんを食べた。はじめにお客さん格の私たちが食べて、若いスタッフたちが給仕をしてくれた。「バート ディボ?(ごはんいるか?)」と言って、どんどん食べさせようとする。バングラデシュでは、たくさん食べさせることがもてなしなのである。]
  • 疑心悪鬼の私 - [バングラデシュに来て半年がたったころ事件は起きてしまった。授業が終わったあとも教室で生徒といた私は、ほかの先生に呼ばれで教室を後にした。しばらく話をして教室に戻ると私のかばんがない。あれ?と思うと、最後尾においてあった私のかばんが真ん中まで移動している。そのときは「おかしいな」と思っただけだった。]
  • 自殺未遂、それでも許してくれるの? - [事件に関係する生徒たちにも真実を打ち明けた。私は恥ずかしくって、悲しくってずっと泣いていたら、みんなで「泣かないでよ。」って慰めてくれ、最後に同僚が「みんなで、河に行こうか。」って言ってくれた。一番ひどい私のことを、みんなで一番気遣ってくれて、すっごく恥ずかしくって悲しかったんだけれど、とっても嬉しくなった。バングラデシュ人の懐って広いなって思った。]
  • みんなのために働きまわるラナ - [バングラデシュは雇用機会が圧倒的に少なく、大学卒・大学院卒でも仕事にありつけないでいる若者が大勢いる。そんな彼らの中には、家族のためにいろいろな仕事をする便利屋さんがたくさんいるのだ。女性はあまり外へ出かけないので、買い物はもちろんのこと、なんでも用事を言いつけられる。電気・ガス・水周りの問題が起こったら、自分で解決したり、職人を呼んだりするのも彼らの仕事だ。]
  • - [バングラデシュには、不動産屋が存在しない。空き家があればその建物の目立つところにナンバープレート大の"TO LET"を掲げるのである。または、近くの茶屋などに"空き部屋あり"と広告を出すのだ。]
  • 使用人 - [貧富の差の激しいバングラデシュ、中流階級以上の家庭では安い給料で「使用人」が働いている。「カジェール・メエ(仕事をする女)/カジェール・チェレ(仕事をする男)」と呼ばれる。]
  • 小話 - [バングラデシュでは、「コウトゥック(小話)」が好きです。私の好きなものをいくつか紹介します。]
  • 災害 - [ボッダ河、メグナ河、ジョムナ河と大きな河川の河口に当たるバングラデシュは、バングラデシュに雨が降らなくても上流の国に大雨が降れば洪水が起こります。国土の5分の2が水没するというバングラデシュの洪水など、災害について紹介していきます。]
  • 宗教 - [バングラデシュ人の大半がイスラム教徒です。そして次に多いのがヒンドゥー教徒、さらにキリスト教徒と仏教徒がいます。それぞれの人たちについて紹介したいと思います。]
  • 動物 - [||{{attach_view(chagol.jpg)}}バングラデシュでは山羊を食べるので、たくさんの人が山羊を飼っています。道路や畑で歩いている姿はとても可愛いかった。||{{attach_view(chagol2.jpg)}}親子の山羊。生まれてまだ1週間くらいの3匹の子山羊たち、お母さんのおっぱいは二つなので一匹だけやせてました。||]
  • バスで睡眠薬ビスケット食べ半死・盗難 - [バス・列車・フェリーなどで旅をしている間に、バングラデシュ人と仲良くなり、会話に花が咲くことがある。するとたいていのバングラデシュ人は気前よく、「チャ、飲まんかね?」とか、「ビスケット食べないか」と誘ってくるだろう。ほとんどの人が善意で言ってきてくれているのでむげに断るのも残念だが、命には代えられない。自分で食べ物は用意しておいて、「私の分はありますから」と言って断るべきだ。または、自分からおごってしまうのもありかもしれない。]
  • 南京錠と鍵 - [バングラデシュでは、南京錠が大活躍である。ドアに備え付けの鍵は高いからかな?大きさも種類も結構いろいろある。100TKくらいの7×7センチが頑丈そうで手ごろかな。]
  • 鍵作り屋 - [バングラデシュには[[南京錠と鍵]]が必須である。私の家にももちろん南京錠がかけられている。ところがOfficeから借りているアメリカ製南京錠の鍵は一つだけ。それと建物入り口のドアの鍵も大家から借りている一つだけ。とある理由で日本人がうちに住むことになったから彼女のために、合鍵を作ることにした。シャヘブバザールには常時合鍵屋が道端で店を開いている。]
  • 仕立て屋 - [||この店では、仕切り越しで職人さんが仕事をしているのが見えます。足踏みミシンでダダダダダーと縫っていきます。バングラデシュでは仮縫いをしないんですよ。待ち針もないし。ブラウスの端はまつり縫いをするようですが、男の人が手馴れた手つきですいすいと縫うのを見てびっくりしました。||{{attach_view(munna_dokan.jpg)}}||]
  • 靴みがき屋 - [たいていの靴磨き屋さんは、靴を修理してくれる。けちな私は安い靴を買った。1ヶ月もしないうちに壊れたので困っていたら、「靴磨き屋に持って行ったら直してもらえるよ。」と情報を入手。靴磨き屋に壊れた靴をだすと、さささっと直してくれた。日本だったら、靴底と靴がパカパカしてしまったら、捨てるか、接着剤で間に合わせるところだけれど、バングラデシュでは、さらに縫ってくれた。これでたったの10TKとは安い!ほんと貧しい人の足元を見るような金額で申し訳ないが、現地人価格を払った。]
  • クリーニング屋 - [バングラデシュにもクリーニング屋がありました。シルク製などの高級なサリーはやっぱり手洗いできないから、ドライクリーニングを頼んだものです。]
  • カジェール・メエ(家政婦) - [バングラデシュでは、中流階級以上の家では使用人がつきものだ。ここでは彼らの実情に迫ってみたい。]
  • 活気あふれる市場 - [バングラデシュの中で好きなところの一つが市場。]
  • 外国人の服装 - [バングラデシュにも結構外国人がいる。]
  • 洗濯の風景 - [バングラデシュでは、餅つきのように、洗濯物を打ち付けて洗う。]
  • 貧しい人たち - [バングラデシュでは、豊かさと貧しさが隣り合わせ。]
  • サリーいろいろ - [||私が初めに着たのがジョルジェットのサリー。正面のひだが自然にできるので一人できるのに最適だ。日本で知り合ったバングラデシュ人のお兄さんの結婚式で、みんなとおそろいで買ってもらったものだ。初めてのサリー、とても大人っぽく見えて嬉しかった。||{{attach_view(gaye_holud.jpg)}}]
  • 正装ならサリー - [サリーは、バングラデシュの正装。]
  • 普段着のサロワ・カミューズ - [バングラデシュの未婚の女性は、サロワ・カミューズを着る。]
  • 水増しされる牛乳 - [バングラデシュの一般家庭にはないものだからと、オーブントースターを買わなかった。それでもお菓子作りが好きな私は何かを作りたいと思い、「あ、プリンならなべで作れる。」とプリンつくりに挑戦した。分量は卵4つに牛乳2カップ砂糖は適当と暗記している。いつものようにつくってなべで蒸し焼きにしてみると。。。 プリンが固まらない??どうしてだ?]
  • 手の皮は厚いけれど、猫舌 - [バングラデシュで驚いたことに、熱々のなべを素手で持つお手伝いさんがあげられる。ご飯が炊き上がったばかりのお釜を、素手で取り上げるのにはびっくりした。熱いし重いから、手がやけどしちゃうのでは?と思うけれど、毎日のことで慣れてしまったようである。熱々の[[ルティ]]のたねを平気でこねたり、そりゃあ、熱いうちに仕事をしたほうがいいのは分かっているけれど、熱すぎですよ!]
  • かまどで作ったご飯 - [「ピタ」と言う[[バングラデシュのお菓子]]を作りながら食べたのを覚えている。暖を中心にみんなで過ごすのは楽しいなと思った。]
  • お客が来たらすぐにお茶? - [バングラデシュに住んで4ヶ月ほどしたころに、]
  • 上向きの包丁、ボティ - [バングラデシュで包丁を買った。しかしなかなか切れない。]
  • バングラデシュのお菓子 - [ミスティーには「甘い」という意味があるが、特に牛乳と砂糖で作られたお菓子をミスティーと呼ぶ。バングラデシュの代表的なお菓子の一つだ。]
  • 子供たちにご馳走したら - [バングラデシュ人、ほんとよく食べるのである。]
  • カレーの毎日 - [バングラデシュでは毎日がカレーだ。]
  • ごみのないバングラデシュ - [「あれ、バングラデシュではファーストフード店でごみ捨てなかった」と気づいた。]
  • 栄養失調 - [バングラデシュにいて、栄養失調になりかけたことがある。]
  • ベンガル語の音階と楽譜 - [バングラデシュでは歌を習っていた。バングラデシュでは、ハルモニウム(アコーディオンを机型にしたようなもので、右手で鍵盤を弾き、左手でパタパタと風を送る)を弾きながら歌を歌うことが多い。ついでにトブラ(二つの太鼓)で拍子を取れれば完璧だ。]
  • 私の好きな歌2 アミ バングライ ガン ガイ - [バングラデシュではじめに買った歌のCDは国の歌を集めたアルバムCD。]
  • 河原で歌う - [歌好きのバングラデシュ人は、歌を歌い始める人が多い。]
  • 歌でどんな気持ちも表現できちゃう - [バングラデシュでは、みんな歌が大好きで、]
  • 日本人にベンガル語、ベンガル人に日本語? - [バングラデシュ人の同僚に対して、間違えて日本語で話しかけていたのである。]
  • おしゃべりが勝ち - [バングラデシュ人もお喋り好きで、いろんなことを熱心に聴いてくれるんだ。]
  • 持つべきものは英語のしゃべれない同僚 - [バングラデシュの新聞にもありましたよ。]
  • 誰でもベンガル語 - [2001年12月8日にバングラデシュに到着した。]
  • !駒ヶ根訓練所での2ヵ月半 - [日本もバングラデシュも同じだと書いてあったのが印象に残っている。]
  • 現地語を話せるとかなりお得 - [彼らは、人情厚くお喋りなバングラデシュ人をとても楽しんでくれている様子。]
102 page(s) containing the phrase 'バングラデシュ' were found in a set of 150 pages.
Search: