Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

自殺未遂、それでも許してくれるの? - History


!私のために自殺未遂
私が巻き起こした[[]]事件で一人の生徒が犯人と間違われ、みんなに中傷され、暴力を振るわれ、自殺まで考えたそうだ。さいわい、[[ラナ]]が理解を示したお陰で自殺を思いとどまったが、私のため勘違いのためにとてもひどい目にあった。

!一番傷ついている人が慰める
決心をして被害者の生徒に真実を告げることにした。自殺させるほどに追い込んでしまったので、真実を知ったら怒り狂うのではないかと思い怖くなった。泣きながら真実を告げると、まるでそれを知っていたかのようにそのこは冷静に受け止めてくれた。しかも、「泣かないでよ、マダム」と慰めてくれるありさま。どうして自分を自殺にまで追い込んだ張本人をこうやって許せるのかと不思議でたまらなかった。

事件に関係する生徒たちにも真実を打ち明けた。私は恥ずかしくって、悲しくってずっと泣いていたら、みんなで「泣かないでよ。」って慰めてくれ、最後に同僚が「みんなで、河に行こうか。」って言ってくれた。一番ひどい私のことを、みんなで一番気遣ってくれて、すっごく恥ずかしくって悲しかったんだけれど、とっても嬉しくなった。バングラデシュ人の懐って広いなって思った。

!疑うよりだまされろ
この事件をきっかけに、人を疑って相手を傷つけるよりも、信じてだまされるほうがましだということを学んだ。疑うことほど人を傷つけるものはないということが分かった。自発的に私の歓迎会を開いてくれたほど心優しい生徒すべてを傷つけてしまったのだ。もう二度と疑うまい。
Last modified:2019/06/18 18:30:50
Keyword(s):
References: