Front Page  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

CLS

CLS セレスティア共和国(Republican government of Celestia)

  • 改革主義
  • シナリオ01、02、03、if01

CPUの特徴

  • FANとCRWを滅ぼし、セレスタイト星系を統一するまではほぼ確定。その後は、AGS・UFE・BRRの動向に左右されやすい。
  • AGSがFDMの制圧に手間取っている場合、CLSはシルクロードまで侵攻し、ファーランドからAGSを攻め落とすことが多い。
  • AGSが早期にFDMを制圧した場合、マハートマーの物量の前になす術も無く滅ぼされることが多い。
  • カリヨンに到達しても、UFEやBRRの物量に敵わず、そのまま一方的に滅ぼされることも多い。
  • UFE・BRR・CLSの三つ巴の状態に持ち込めば生き残る可能性は充分に有る。
  • セレスタイト星系の統一がほぼ確定である為に資金力は確保しやすい一方、戦力については充実する時と乏しい時の差が大きい。星系を出る前にAGSの衛星恭発が完了すると要塞の防衛能力に足止めされるも結果的に功績稼ぎとなり戦力が充実しやすい。またAGSを滅ぼす前にIZNやOLYと開戦すればそれも功績稼ぎになる。逆に交戦国が増えずAGSが衛星気里泙泙世箸笋垢笋垢筈船吋鵐織Ε蠅愎雰發任てしまい士官が育たない。
  • UFE・BRRと揉める前に、OLYを滅ぼすと生存確率が上がる。(侵攻戦によってベルモンドやナーデルが少将まで昇格する。士官数によっては40隻近くの艦隊を編成できるようになる。)
  • Ver3になってから、UFE以外の国に対しても積極的に宣戦布告をするようになった。(それでも他国と比べると控えめ。喧嘩を売るより売られるほうが多い。)
  • 交戦国が無くなると主星に引きこもる傾向がある。宣戦布告されてもCLSは何の対応もしなくなることが稀にある。ニルヴァーナやヴァリサイトまで侵攻されてようやく艦隊を主星から動かす。UFEやBRRが相手だとそのまま滅ぼされる。
  • 基本的にWLTと同盟を組む。難易度問わずWLTに資金援助をする。

プレイ方針

  • 優秀な士官が多いが、階級が低い。その上、内政向きの士官が少ない。
  • 早めにFANを倒して、αケンタウリ星系へ進出したい。モーガンイベントまで待ちたいが、開始から22ターンぐらいでAGSが防衛衛星況燭鯒枷してしまうので悩みどころ。(一度も引っかからずに行けばガンダルヴァまでは間に合う。要塞でモタつくと危ない。)
  • 兵器開発を急ぎたい。防衛Aのオルトワールがいるので、防衛衛星祁燭気┫粟してしまえば、UFE・BRRが相手でも怖くない。
  • UFEとの開戦時期に注意したい。準備が整ってない状態で銀盤遊戯が発生すると危険。
  • UFEはカリヨンで防衛していれば勝手に疲弊する。資金が尽きたらこちらから攻め込もう。
  • UFE-BRRが交戦したらなるべくBRRを支援したい。UFE・BRRの共倒れが一番ではあるが、BRRは外交で組むことも出来るので。
  • FDMには余裕がある限り資金援助を行いたい。CLS単独でAGSの全艦隊を相手にするのは厳しい。
  • ディフェンスラインに注意すること。中将・少将の物量は恐ろしい。

初期士官での艦隊編成

  • ベルモンド・ナーデルのスコル25隻を配備すれば序盤は特に問題ありません。
  • Ver3以降ならナーデル・モーガンの補正も良い。
  • 政治が低い士官が多いのでオルトワールを参謀として登用したい。中盤以降は行政官として活躍させよう。

ver3.00での変化

  • UFE以外の国に対する行動が若干変わった。
  • 交戦国が1か国ある状態では、新たな宣戦布告を行わなくなった。なお、参戦要請による宣戦布告は今まで通り行う。
  • ナーデル・モーガンの組み合わせ補正が加わった。

発生する主なイベント

  • No.01 天青の想い1
  • No.02 天青の想い2
  • No.19 孤独な意思
Last modified:2018/06/05 00:26:43
Keyword(s):
References:[SideMenu]