Front Page  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

BRR

BRR ブラオローゼ公国(Blau-Rose Herzogtum Regierung)

  • 「ブラオローゼ ヘルツォクトゥム レギールンク」、直訳すると「青薔薇公国政府」である。(連邦自治区)
  • 中道主義
  • シナリオ01、02、03、if01、if02

CPUの特徴

  • 高確率でMGLを滅ぼし、UFEと交戦する。
  • WLTは、講和すれば一緒にUFE討伐をしてることが多い。交渉が決裂するとWLTはBRR・UFEの物量によって滅ぼされることが多い。
  • UFEとの開戦時期が重要。ロゼッタ星系を統一し、艦隊が揃った状態ならBRRが若干有利。だが、WLTとの交戦中や防衛ラインが確立されてない段階で開戦して、速攻でUFEに滅ぼされることも珍しくない。カラルの周辺が4方向に分岐してるせいで、艦隊を分散させて自滅することも。LUNAだと収入が多いため、UFEのほうが有利になりがち。
  • OLYなどの国でもよくあるのだが、飛び地作りを優先することが多い。OLYの参戦要請を受けて、主力艦隊をペルセフォネに派遣してFDMを討伐してる間にUFEと開戦し、そのまま滅ぼされることも。
  • UFEとの同盟が長続きすると、αケンタウリ星系に進出し、FDMやAGSを滅ぼすことがある。
  • 極めて稀なケースだが、MGLと同盟を組むケースがある。
  • OLY・IZNと同盟を組むことが多い。
  • UFEとの戦争が長引くとMSAと同盟を組むことがある。MSAと同盟を組むことがある数少ない国の1つ。
  • UFEが滅びるともう手がつけられない。士官の能力はUFE以上で、物量も引けを取らないレベルなので、あっという間に銀河が1色に染まる。
  • 滅亡すると、在野にテオーデリヒ・ライプニッツが出現する。

プレイ方針

  • UFEと真っ向から戦える唯一の国。士官の階級・能力が高く、開発力・経済力もUFEに引けを取らない。
  • UFEとの同盟関係を大事にしたい。ストーンヘンジを制圧すれば、αケンタウリ星系に進出できる。UFEと開戦するのは、ロゼッタ星系・αケンタウリ星系を押さえてからでも遅くない。
  • UFEと遭遇戦で戦うのは危険だが、防衛戦ならそれほど怖くない。ストーンヘンジを防衛拠点にしてUFEの資金を削りたい。
  • イベント18で5ターン経過する前にWLTと講和すると、イベントが進まなくなる。
  • WLTと講和した後に再度開戦して降伏させるという手もある。が、WLTの士官の個人印象値は低めなので引っこ抜きはなかなか難しい。

初期士官での艦隊編成

  • 特に動かす必要が無い。気になるとすればシーツリヒターぐらい。アイゼンブルクを副官にすれば良いかと。

ver3.00での変化

  • ライプニッツとアイゼンブルクの組み合わせ補正が追加されたが、BRRでは使用できない。
  • 固有技術が3つあるが、どれも優秀である。

発生する主なイベント

  • No.17 黄金の手綱
  • No.18 予定調和
Last modified:2016/04/02 03:02:06
Keyword(s):
References:[SideMenu]