バーニングの周防郁雄は広末涼子などのライバル女優たちをプッツン女優などとマスコミに呼ばせて潰していた  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

UB13

裏話シリーズへ |前(UB12)へ<<|>>次(UB14)へ |最初(UB01)へ


064

B>マスコミって、勇気を振り絞って物申す!とかいって 反体制とか反骨精神とかを装って、 庶民がいかにも”ケシカラン”と思われそうな事柄を 拡大して広めるのってうまいよね。

A>愚民の扇動ってやつね

C>でも、バッシング対象は、ホントはケシカランどころか システム維持のうえで必須なものだったりするからね・・・

B>だから、有識者につつかれれはじめると、 うやむやのままで批判キャンペーンは終わっちゃう。

C>でも、雑誌の売れ行きがのびてもうかったから 利益は回収しきってるよな。

そういえば、あの小田島隆なんて、広末いれるとき、 入学条件で勉強じゃなく、仕事が評価になるっていって 当惑してんだもの・・

A>仕事って・・立派にお金稼いでるってことでしょ・・ どこがダメなの?

C>まあ、それが普通の感覚だろうけど でも、彼のいる世界は違うらしい

よく考えればその小田島教授ってのも電波なんだよな。 ネットが発達すれば、日韓のわだかまりがなくなって、 両国は仲良くなるだろう・・とか言ってるし

A>なるわけないよ!知ってて言ってるの? ああ痛いわ、よくわかんないで何でも言っちゃってるんだよ ネット発達すれば、悪い面だってさらけ出ちゃうじゃない。 私も韓国嫌いでもないけど、 でもそんなこといえないって私でもわかるよ。

そんな人が広末についてあれやこれや言ってるの? みんな信じてるの?

C>中には信じてるのもいるだろうね。無垢な連中とかはさ。 なにしろ掲示板でせっせと奴の(広末批判の)文章を コピペしてる人がいるんだもの

彼の主張ってのは、あくまで、入試は勉強で選抜すべきであって、 仕事が選抜の対象になるのは、変だと・・

A>学校を一歩出て世の中でりゃあ、 そっちの方が当たり前じゃーーー!!

C>だけど、世間のシビアさを知らないアマちゃん連中は、 わが意を得たりとうなずいちまうんだろうな・・ 広末批判してるやつらなんて所詮この程度のやつらなんだよ 社会でもまれてまともなメンタリティを持つようになった奴らは、 広末にたいして、憤らない。

自分の領域に”仕事の実績も重要である”という 社会の常識が侵入してきて、既得権益侵されそうだからって あたふたするな!といいたい、俺は。

B>ホント、なんで教育機関だけ特別なの? 世間知らずの最後のよりどころなわけ? その既得権益を侵されたくないから?

C>ほんと既得権益だよね。 アメリカ軍では、”軍事的に利用できる仕事のできる民間人”って 軍隊に入ればはなっから士官待遇だもんね。 それで誰も文句言わない

学校教育も同じように、そういう、社会で役に立ってる人たちを 率先して入れてもいんじゃないの?

まあ、そんなことしたら、自分達(=学者インテリや ジャーナリスト)なんて、有限不実行の役立たずってことが 世間にばれちゃうから反対してるんだろうけど・・・

裏話065

C>日本では逆になっちゃう、

軍隊とか教育機関とかは、娑婆と別な秩序が支配する世界 だから社会に適合できてない者にとっては居心地がいいし、 その反対もありうる。

つまり日本では、米軍みたいに、すでに仕事ができる人間に、 優遇措置としてあとから勉強させて付加価値つけさせるっていう、 考え方が無いんだよ。

あと外貨獲得手段としての、エンターテインメントの重要性もね

プーになるかもしれない、そこらへんの実力未知数の 若いあんちゃんより、すでに実社会で活躍している エリートを優遇して学問を学ばせてあげたほうが確実。 (失敗リスクが少ないので)投資効率上、勝っている。

それと同じく

野島伸司のようなインテリが書くシナリオを 広末のような、将来、重要な役者になることが確実な人間が 完璧に読みこなして、それに合った演技をすることが出来たら、 日本のエンターテインメント至上、かなりの収穫なのではないのか・・ だから、成功するかどうかはわからんけど、すくなくとも、 成功する確率(=投資が無駄にならない確率)は、 田中レナや吉川ひなのよりは高いのは確実なのだから、 少しは優遇してみようじゃないかと・・こういう考えが無いんだよ。

まあ、失敗しちゃったけど・・

A>・・

B>でもネライとしては間違っていなかったってことよね

B>だね。とにかくこんなことが問題になるのは 日本だけだってことだろうね。 それと、社会主義をもてはやす幼稚な集団とかも・・

C>欧米の自由主義的な考え方では、選ばれた人が そこらへんのあんちゃんやねえちゃんとは 最初から違う土俵に立ってるのは当たり前で・・ でも、やっぱりそういう人たちって、普通の人と違った すごいプレッシャーしょいこんでるわけだからツライものがある。 これが、普通の人でもわかってるんだよ。成熟した社会ってのは。 だから文句いわない。

そのエリートが自分達に与えてくれたものが 自分にとってすごく有益だと思ったら素直に賞賛する。 害をなしてると思ったらおもいきり批判する。 でも、その批判が僻みになったら絶対にいけないって思ってる。 十分な条件を与えられてる、GIVEされてるのに それに見合ったTAKEをしていないっていう、 差し引きの損得で批判しないと・・こうおもってるわけだ。

日本人はどうだよ、比べも出来ないはずの自分と、無理やり比べた 単なるひがみじゃねえのかよ。ギブアンドテイクになってないんだよ。 普通の人とは比べ物にならない苦労を、現にしてるんだし あんなに映画だドラマだとかいって、評価は悪くないんだったら その分名誉なり賞賛なりを与えてやれよ。 それがエンタメの受け手と送り手の正当なギヴアンドテイクだろ。

A>わかる ドラマの主役に選ばれるとかってスゴイ期待背負わされるもんね。 やっぱエリートなんだよ。 どっちがいいか悪いかじゃなくて、違うんだよ。 悪い仕事して無いなら素直に誉めるべきだよ。 何でそれが出来ないのかなあ

C>周防にそれができるかよ。 彼は、日本の芸能マスコミとイコールなんだぞ。

A>ああ、そうか。

裏話066

C>でも、小田島に代表される、伝統的な考え方はこうだよな。

勉強は勉強、仕事は仕事、 まるで、それぞれ独立した別世界 だから勉強できれば、仕事できなくてもいい。稼がなくてもいい。 勉強しすぎて要領悪くなっちゃって仕事つけなくてもいい。 あれこれ思想をめぐらしてれば、道端で物乞いしている乞食でもいい。

っていうか、そのほうが聖なる道っぽくてかっこいいじゃないの。

B>やせたソクラテス? 実利に長けていて収入が増えたら自然に太るんじゃないの? やせてるってことは甲斐性がないってことでしょ ってことは世の中から必要とされてない人間ってことでしょ。

C>極端だけど、そういう反論もアリだよな。

A>哲学乞食をあがめるのって 李氏朝鮮とかインドとか、中国の道教の世界だよ おもいきりアジア式停滞の世界だよ、それって。 実利はどこいっちゃったの。社会が全然発展しないじゃない 考えをめぐらしてるのに四六時中精一杯だから稼ぐヒマがない。 それって言い逃れだよ

だったら特権僧侶階級になって下々から税金とりたてて それで暮らしていくことを正当化させちゃうよ 左翼の考えもバカだけど、こっちの考え方だってバカだよ。

C>だから、すでに象牙の塔がそうなっちゃってるんだって だから小田島みたいなことがいえるんじゃないかよ。

A>象牙の塔って、アジアの伝統なの?

C>っていうか、前近代の象徴。 むかしのヨーロッパでもそうだった 近代とは、いかにそこから脱却するかだよ。

裏話067

B>結局、象牙の塔の連中って お金を稼ぐ商品を作りだすってことが どんなに大変かってことをしらないのよ。経験無いからね。 チャラチャラしたもんだとおもってるのよ。 いまだにファンタジーの世界にいるわけね。

C>芸能人の広末だって立派な商品といえるもんね。 みんなの知恵の結集体。プロジェクトXの題材とおなじだよ。

A>あーあ、こんなこと 一瞬でも世の中でてくりゃすぐわかるのになあー。

C>世の中いまだに出たこと無い大人が言うことを 世の中にまだでたことが無い、若い奴だけが ”うーん。ごもっとも”といって納得しちゃう で、鉢差し出した前者の先輩僧の連中に、 後者が、印税とか講演会とかの”托鉢代”を寄進しちゃう。

さすが、世の中出たことない同士、話があう。 外界とちがって、なんとも居心地のいい世界です。 魔導師がなんちゃらの小説やゲームと同じ、 閉鎖的ファンタジーワールドだよ。 もしかして、世の中で、魔法が使えるって信じてるかもね。

しかし、だれかが生産して支えなければ こんなシステムはやっていけない。

A>誰が支えてるの?

C>騙される連中は収入も無いので、 フトコロの托鉢代は、当然、親御さんの稼ぎです。 あと。マルチ商法の、騙し騙されの両方の立場の人たち。

A>・・・

C>これを、 世の中でたことないやつ同士の自己完結流通システムと 名づけましょう。○ウム真理教のような輪廻の世界です。 そして親御さんは被(加)害者の会のようなものです。

A>うわー。そんな輪廻にはいりたくないわ!

C>こんな世界の住人どもが、 ネット上で、広末がどうのこうの批判している主戦力なんだよ

オウムが、ある人を急に目の敵にしはじめて、 それに同調してるようなもんだよ


裏話シリーズへ |前(UB12)へ<<|>>次(UB14)へ |最初(UB01)へ

Last modified:2009/05/01 07:36:17
Keyword(s):
References:
This page is frozen.