バーニングの周防郁雄は広末涼子などのライバル女優たちをプッツン女優などとマスコミに呼ばせて潰していた  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

UB11 裏話シリーズその11

裏話シリーズへ |前(UB10)へ<<|>>次(UB12)へ |最初(UB01)へ


裏話051

C>入学騒動に話戻るけどさ・・

騒動に巻き込まれた学生さんもいい迷惑・・・って 冗談言うなよって思う。巻き込まれたのはどっちだよ。

B>ほんと、どう考えても 巻き込まれたのは広末のほうでしょうが・・・

マスコミって、テレビカメラの後ろに集まってくる バカな連中をよく非難するけど あれに同情してるようなものだからね。

C>騒動が起こるのが当然だって主張することは、 ちんぽびんびんのお年頃は、あれくらい煽れば のせられて当然ってニュアンスあるよね。 男だったらお尻触りたくなるのが当然だ!って

B>いわば衆愚を認めてるわけだね。

C>奴らに自制心を求めないのか?のせられる方がわるいって。 でも、これをびしっと言わなければ やつらをますます甘やかすことにもつながりかねん。 そういう人がいなかったんだよ。

B>でも、三枝成章はTVタックルでちゃんと言ってたよ。 裏番組が広末のドラマだったけど、番組の中でちゃんと話し合ってた。

そこで三枝が言ってた。 男なら誰だってお尻さわりたいけど、 だからって、やっちゃダメだろうって。

男なら誰でも・・ってことは三枝自身も含まれてるってことだから 彼は正直だよね。立派だよ。 っていうか当たり前の意見だけど・・

C>誘惑されそうな格好してれば痴漢していいのかって それと同じ理論だよね。 なんかあの時の格好って、白い薄着で下着透けてたらしい。 だからって襲っちゃダメだろうよ。人間として当たり前だろ。

だけど実際はこうだろ

”おれは触りそこなったぞ、どうしてくれるんだ!”

”俺にも触らせろ”

”芸能レポーターや、W学生という 俺の既得権益を冒された!”

B>ハハハ 学生や井上公造の本音なんてそうかもね。図星ってとこよ。

A>ひどいよ、それって! 井上ってまだ生きてんでしょ。殺しちゃいなよそんな奴 同じ女を敵に回してるってことがわかってないの?

裏話052

C>井上バカ造はバーに買収されたらしいからね、 バーべったり、非バーをいじめてるかぎり 彼は何やっても安泰なんだよ。

B>そんなこと言う奴は、 所詮、女なんてモノとしか思ってないんだろうね。 架空のキャラに妄想浸ってるのは自由だけどさ 広末って生きてるんだよ。架空の存在じゃないんだよ

C>いや、連中もいちおう区別はついてると思うよ。 実際の女性にはそういうことはしないよ。 ただ、広末ってテレビに出てアイドルやってんだから 実際の女性と違っていささか特殊なんだよね いわば、現実でありながら、二次元萌えキャラを兼職してるみたいな

A>二次元萌えキャラ?何それ

C>言ってる俺もよくわかんないんだけどさ アニメとかであるだろ。あれだよ。 Bが言っている架空のキャラってのと同じモンだとおもえばいい

その二次元萌えキャラが画面飛び出してくるなんて 現実におこるわけ、無いよな でも仮に、おきちゃったとしたらどうなる。 連中は狂喜するんじゃないの。

A>広末がそれだっていうの?

C>大学入学以前、巷に流れてた 広末の高校生活情報とかさ、歌のビデオなんて 多分、連中にとって、アニメとかの物語と同じくさ どう考えたって現実じゃないんだよ。余りにもリアルから離れていてさ

だってそうだろ、現実に目の前にしてる情景じゃないんだもの だから広末の存在自体も、 なんとなく現実にうけとっていなかったんだよ。

A>高校生の頃の広末は、 100%二次元キャラだったていうこと?

C>そういうこと、 だけど広末が女子高という ほとんどの男どもにとっては、架空世界に近い場所を出て 大学とかに飛び出してくると、 それが手に届く領域に一歩近づいてくる。 100%二次元じゃなくなってくる。

バーチャルワールドの住人だった広末が 現実世界にすこしずつ顔を見せはじめたというわけ。

A>それがあの入学の時の状態だったってわけ?

C>俺が思うには、多分、そうだろうと思う。 俺も完璧にわかってるわけじゃないよ。 でもこういうのって、わからないんでも無いんだよな。

裏話053

B>で、広末が入学してきたときに、 まるで二次元キャラが現実に飛び出したような錯覚と同じ感覚を アホ男どもに与えたってわけ?

C>そのとおり・・かもしれない。 何しろおれはそういう心境になったこと無いから断言できないけどね でも、そうなんじゃないかって気がするんだ。 自分の少年時代を思い出すとすごくわかるような気も しないでもない・・・・という気にもならないでも、無い。

A>でも、わかるよCさん。 そういうのって、電影少女とか、昔マンガのネタになってたし それと女子高なんて アホ男相手のエロ話でしょっちゅう舞台になるもんね。 これも、わかる。

現実には、”何とかちゃん萌え”とかいってる連中って 腐るほどいるわけだし。 女性では、ジャニーズファンがモロそうだし。 だから、今時は、そういう人種がたくさんいるってことも、わかる

C>だろ。 だから、今まで夢の世界の住人であった広末が 目の前に、現実として現れるかもしれない・・という この情景に、バカ連中が、見境無くしてしまったってのは、 わからないでもないだろ

こういったのぼせあがってる人間に、 分別わかった大人がさ

”この、目の前に実在している三次元の彼女は、 二次元キャラの彼女と同じようで、でも全然別の存在なんですよ。 だから、それぞれ別の存在として認識しなさい。 いわば商品である、二次元の彼女にいくら熱狂してもかまわないけど 現実の、三次元の彼女はそっとしといてあげなさい” って諭したとしても、すんなり理解できるか? たぶんダメだと思うな、絶対に混同するよ。

B>これは、私が前に言ってた、 人格の切り分けと全く同じことよね。

C>そのとおり。

A>夢と現実がごっちゃになっちゃうっていうのは 若者の特権でもあるし・・それが強みにもなることだってある。 それが難しいところだよね。

B>この場合、これが悪い方に出ちゃったってことだよね。

裏話054

B>だけど夢って基本的に、 若者相手だろうが年配者相手だろうが コンサートとか、舞台とかで、 きっちり金とって見せるべきものだと思う。

夢を”売る”んだからやっぱり実際に売らないと。 ジャニーズとかって、こういうところはしたたかだと思う。

だから広末みたいに、タダでみせる機会をやたらと作っちゃだめだよ。

A>それはいえてる。ノウハウ蓄積してるから よくわかってるのね。さすが老舗。

C>王子様イメージとか、間接的に売るのではなく、 舞台などの”売り場”に限定して、 直接商品にパッケージして、売れと・・ なるほどな。徹底してるよな。

広末はそれがあやふやで徹底されてなかったっていうわけか・・ まあ、事務所のノウハウも、ジャニーズとは雲泥の差だろうしな

でも、ジャニーズは、その手法がアコギすぎて、 心理学の応用に過ぎなくなってくる。 虚像の暴走がおこって、肝心の実力のめんからいうと、 ??マークがついちゃうんだよね。言い過ぎかもしれんけど

まあ、話を戻すけどさ やっぱり普通の人は、芸能人って、生でみたいんだろうな。

そういう、野次馬の需要があるってことが、人気芸能人の証ってことか だったら、なおさら ちゃんと金はらって見せるべきだっていうのは、正解だな。

コンサートでも舞台でも、金払うなら何でもいい。 逆に考えると、大学でタダでさらしてしまったから 彼女をみせる価値がなくなってしまったとも考えられる。

B>だから、彼女のコンサートも希少価値がなくなっちゃったってこと だから、成立しなくなって、やめちゃったわけだよ。

A>単に厭きられて客呼べなくなったようなきがするけど・・

C>俺は歌手の広末って、あまり重きをおいていないから Aがそう結論づけても、それはそれでいいとおもってるけど。

それに、姿形をみたいだけってのは所詮長続きしないよ ちゃんと歌や演技してる姿をみたいってのならわかるけどな

B>あんた、さっき、芸能人を生で見たいっていう心理を 金とって売るべきだっていったじゃない。 それを否定することになるよ

C>ああ、そうか。 否定はしないけど、それだけに依存してはいけない とでもいいましょうかな。

B>私は、どんどん依存してもいいとおもってるけどね っていうか、Cと逆。 むしろ、芸能人が演技とか歌とかがしっかりできてるからこそ ”この人をなまで見たい”っていう大衆の心理は ずっと維持できるはずだとおもってる。 だからこそ、価値があって、 それを軽軽しくタダで見せるべきじゃないとおもってる。

C>なるほどねえ、その考えもわかるよ。

裏話055

A>とにかく、金取れるものを タダでふりまくなんて邪道だってことだよね。

C>でも、広末は振りまいてないよ。 本人がただ大学に入りたかっただけだろ。個人的な事情やん サービスしてるわけじゃねえんだよ。 愛想ふりまいてもらいたければ金払えよ。

B>だから、それは大人の意見であって・・・ 金払わなければ拝めないものを、タダで見る機会できたらどう思う 放っておく?絶対めっけものだと思うよ。 払うべきものを払わなくてすむんだから、儲けたと思うよ。 そういうもんだよ。若い奴、しかも金もない奴の心理って。

で、そういう奴に限って 会って失望したら、なんか腑に落ちないって思うよ。 金はらってないから損したと思わないけど。でも得したとも思わない。

でも、こういうのって、芸能人は、 ファンになる人を一人減らしたとおもうだろうね。 だから芸能人って、営業マンとちがって タダの客でも邪険に出来ないんだよ。 でも、こうやって潜在的客層を拡大してったらきりがなくなるんだよ。 どこかで線をひかなくちゃならないんだよ。 その線をどこで引くかってことに、芸能人は一生悩みつづけちゃうんだよ。

C>芸能人って、つらいよなあ それを、未成年の時に悩まなければならない人もいるんだからなあ ただ芸能人の目立つとこを書き立てるだけじゃなくて そういう苦労をクローズアップして欲しいよな

A>でも、こういう苦労話が特集されるのって 浜崎とかのバータレと、ジャニーズだけじゃないの?

C>確かに くそー。ここでも非バータレは冷や飯くってるんかよ。ああ腹立つな。

まあいいや、B、続けてくれ

B>だけど、この”金払うべきものがタダで目に前に”ってやつ、 大人でも目の前にぶらさげられたりしたら、 ガキと程度は違えど、おんなじになるなんだよね。 所詮野次馬根性なんだよ。

でも、芸能人に野次馬がつくってことは悪いことじゃないと思う。 人気も実力のうちだからね。 野次馬をたくさんひきつける”何か”がある人こそ、 ちゃんとしたモノを持った芸能人だと思う。 だから否定はしない。

さっきCが、その人の姿形だけに価値をおいているのは長続きしない 演技してたり、唄歌ってたりしてるのを見たいってのが真の芸能人だって 言ってたでしょ?

C>うん

B>私は、芸能人は、姿形だけに価値があってもいいと思う。 ただ、見てみたいんだって思う人がたくさんいるのが、芸能人だよ。

裏話056

B>だから、見世物じゃないんだ!て怒っても やっぱり見世物になっちゃうよ。 芸能人はそこに価値をおいてもいいんだよ。

私だって芸能人が近所にきたってわかれば 同じ行動とっちゃうかもしれないよ。 暴力的にならず、遠巻きにみてるくらいなら 野次馬は認めていいと思う。

C>日本人、いや世界の全員が、 そこまで大人になればいいんだがなあ

それに、そういった野次馬を 年がら年中相手にしないといけないってのは、 やっぱり嫌だろうと思うんだが・・

B>とにかくね、芸能人は所詮見世物、 そうわりきって、人前に出てるときは、虚像に徹するしかない これはある意味正解なんだよ。

このことを事務所が理解し尽くしてて、 それを、行き過ぎるまでに徹底してたのが あの倉木さんなんじゃないの

A>Bさん。それってわかる! 確かに倉木さんって、徹底してる感じがする。 お父さん以外の件では、なんか、”お見事”って思う

B>どっち道芸能人が人前にさらされる場合、見世物になる だったら、プライベートの倉木を徹底的に人前から隔離すればいい。 テストも別、キャンパスライフも一般学生とは別。 大学、事務所双方、彼女は広告塔だと十分に合意がなされている。 だから余計なことはしない。 この割り切りってスゴイよね。広末サイドと雲泥の差だよ。

C>まあ、”胡散臭いお方”がバックについたってのは みんな知ってることだろうからな。 そのために、うまくいったってのもある。 まあいいや、本筋から離れるから触れないでおこう

とにかくこういうことだろ いわば、野次馬をひきつける倉木と、 そうでない倉木の徹底分離を行ったってわけだな。 そうすれば、芸能人の永遠の悩みも解決する。 これによって、虚像としての倉木像は、 ある程度人間味を失ったかもしれないが そのかわり、実像の彼女は 完全にプレッシャーから開放された・・と、こういうわけだ。

B>そういうこと

いわば彼女は、広末の完全なる反面教師。 って、これ前(裏話21)でCが言ってたよね。

C>そうだよ。それってもともとは俺の説やんか

裏話057

A>プライベートの倉木さんって、引きこもり? みんな虚像の倉木さんって、実像とあまりにも違うって 常識的にわかってたから、実像の倉木さんに、 あまり興味を示さなかったってだけじゃないの?

B>それも、いえてるかも でも、事務所戦略として、それが 広末と比較にならないくらい 徹底して行われてたのはわかるよね。

C>ある程度はわかるよ でも、あそこまでいっちゃうと、やりすぎだと思うけどなあ、俺は。 撮影会、なんかマネキンみたいだったって逸話 どびの輔で有名になったけどね。

あれ読むと、ほんとの倉木さんはどうかしらないけど 虚像の倉木さんはまるで血が通ってないみたいだよ。 他の芸能人だと、たとえ虚像であっても、その姿はなんか人間臭い。 勿論、女優と呼ばれるひとは、これがないと とてもじゃないが演技なんてリアルに見せられない。

アーティストと呼ばれる人だって、やっぱりこれがないとダメだよ っていうか、やっぱり人をひきつけるモン持ってれば 自然ににじみ出てきちゃうもんなんだよ。 倉木さんは特殊例だと思う。芸能界全体に敷衍するのは賛成できないね。

B>でも、あんた広末を徹底的に反面教師したものが 倉木の存在だって前にいったじゃない あれが、広末的なものを完全排除した、結論なんだよ。

C>だから排除しちゃいけないところまで排除してるって思ってんだよ。

なんか、広末的なものを排除する余り 人間性まで排除してるような・・・ あそこまで行くと、倉木さんって 妊娠しそうもないとまで思えちゃうよ。

B>だけど今の時代、一時的にでも その”虚像の振りまき”に成功すれば それで、一生分の元とれちゃうんだよ。

A>それ、わかる!

C>おれもわかるよ でも、一年で一生分の稼ぎをする歌手はその作戦ができるけど 女優にそれを要求するのは無理だよ。持たないよ。

目指すはオタク相手のバーチャルアンドロイドか? 血が通ってるっておもわせちゃいけないのか? 何だよそれ。っていっても、わからないでもないんだよな。 そういう俺も、二次元がどうのこうの言ってたもんな

時代はそこまで行ってんの?と自問自答してみる。

A>でも倉木アンドロイド計画は、お父さんによって頓挫してるよ。 これでよかったんだよ。

C>倉木さんも、十分元をとったうえで ようやく虚像に血を通わせることが出来たってわけか。 このへんのプロセスがすごくうまいよね。 あとは虚像の倉木を、どう実像に軟着陸させるかってとこだよね

B>ビーイングの腕の見せ所かも その手腕、とくと拝見いたしましょう・・かな


裏話シリーズへ |前(UB10)へ<<|>>次(UB12)へ |最初(UB01)へ

Last modified:2009/04/24 22:49:22
Keyword(s):
References:
This page is frozen.