バーニングの周防郁雄は広末涼子などのライバル女優たちをプッツン女優などとマスコミに呼ばせて潰していた  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

UB05 裏話シリーズその5

裏話シリーズへ |前(UB04)へ<<|>>次(UB06)へ |最初(UB01)へ


C>話をもどそう。

タレントを抱えている事務所 そのタレントの売り込みを依頼される代理店 それを無条件で受け入れるCM製作企業、テレビ局 この三つは三つ巴だ

で、この三者が相互で依存しあって、 腐れ縁サイクルが出来上がるわけだ

A>は?腐れ縁?

C> 第一段階  バータレ自体に価値がある

代理店やCM企業にとって、そのタレントが バーニングに所属しているということ自体が安心材料となりうる。

第二段階 代理店がそのバータレを、企業CMに、猛烈に売り込む。 裏世界、表世界ともにタッグ組んでマスコミを抑えてるんで、 このバータレはスキャンダルも無いと”予想される” 気ランキングは常に上位。視聴率も取れる・・と”予想される” 失敗は無い”いい商品”なんで、採用した企業に感謝される・・と。

第三段階。 スキャンダルもなく無事にCM放映期間終了 対象のタレントは、代理店とバーニング連合軍の 息のかかったマスコミにさんざヨイショされてて ドラマにも進出しちゃってるかもしれない。 だから、世間でブレイクしてる(ように見える)。 企業側は、おいしい先物買いをした(ように思える)。

そうなると、いちおう成功したことになる

だから ”やっぱり天下の○さん、タレントを見る目がある、 次のCMもあなたの推薦するタレントでいいですよ” となるわけだ

だから、次の仕事が簡単に取れる

こうなると、いよいよサイクルの循環が始まる

A>循環?

C>そう、循環

循環ってのはどういうことかというと・・・

そこで次の仕事に、若いバータレを出す。

そのタレントも、スキャンダルでなくて 失敗のない”いい商品”なんで感謝されて・・・

A>わかった で、また次の仕事お願いしますよ、 で、また若いのを・・エンドレス! そうやってグルグルまわっていくと・・ それが循環っていうことですね。

C>そういうこと こうやって、バーニング、代理店 そして、CMを作る企業の広告部 三位一体の腐れ循環サイクルの誕生と相成るわけだ

でも個人単位では長続きしない。 ”前任者”は、そろそろ演技が下手糞なのがばれはじめる頃 モデル上がりの素人!とか、芸NO人!とか 集中砲火を受けるのがパターン。ポイっと捨てられる。 でも、こういうふうに、どんどんあたらしいのが入ってくるので 組織単位では長続きする。だからサイクルは続く。

B>これが非バーニングだと、 第三段階でまるっきっり逆になるよね。 広末みたいにいじめられちゃうから、 下手すると途中でおろされちゃったりする。

A>循環しない。つまりサイクルが完成しないわけですね。

C>でも、降ろすことに、案外、世間の反感がすくない なにしろ、マスコミに散々悪口言われて、 すでにイメージが悪くなっているからね

A>なんか、それってすごくずるいよ。

散々悪口言ってイメージ悪くしてるのってバーニングじゃない。 これって、バーニングが、必ず儲かる仕組みのバクチで いつも勝ってるようなもんじゃない。卑怯だよ。

C>作り手と売り手が価格を自由に設定できるってそういうこと。 結局、必勝パターンのサイクルなんだよ。 反対に、非バーニングにとっては、必敗のサイクル。

このサイクルは、自らのエネルギーを失って、止まるまで回りつづける だけどこの中で回ってりゃ、当面は、絶対に損しないわな。

でもこのサイクルってのは、生産的じゃないんだよ。

A>生産的?

C>つまり、エネルギーを何一つ生み出してないんだよね。 つまり、ここからは、際立った才能とか、高いレベルの作品とか そういった創造的なものが、何もでてこないんだよ。

A>すごくわかる。おたがい御輿担いで支えあってるわけでしょ。 有能だからシステムに乗っかってられるわけじゃないもんね。 芸能の能力が無いから振り落とされるてのは納得できるけど そうじゃなくて、スキャンダルで振り落とされちゃう。 大衆がとっくに退場宣告した無能タレントでも スキャンダルなければ延々と生き残っていけちゃうわけでしょ でも、そこに乗っかってる限り、そんなものでるわけない

B>ということは、 ただ、安定してるってだけのシステムってこと

A>ここにのっかってぐるぐる回って無難な人生送っている限り 能力を磨こうなんて思わないですもんね。 たしかに何もうみださないわ。公務員っぽいっていうか・・

B>こんなサイクルに未練たらしくしがみついて いきのこった人って、ホントろくなのがいない。

C>かえって早いうちに振り落とされちゃった人のほうが、 いい人材として成長してるよ。 いわば、逆のふるいにかけられてるようなもんだね。

B>っていうか、このばかばかしさ気がついた人は早めに降りたがるよ 無能な奴に限って、こういうのにしがみつきたくなる。

C>国の補助金とか地元のバラマキ政治家とか、 有能な奴ほど頼ろうとはしないじゃない。それとおなじだよ。

結局、こんな閉鎖的なシステムは、外部より非効率で、不毛であって 時が経てば回転エネルギーを失って、止まって、いずれ倒れるわけ。

A>自滅するわけですね。 PR :ヴィンテージ電子部品 通販 専門店「Vintage Parts」

A>でも、サイクルとかエネルギーとか 理科系のたとえは難しいです ずっと前に言った、株のたとえの方がわかりやすいなあ

C>株ねえ。でも株とタレントは おおいに違うところがあるんだよね。

A>どこがちがうんですか?

C>株のセールスマンってさ、 自分で自分の売る株の値段って、決められないよね。

だからこそ、世間では、株屋は信用置けないって言われてる。 でもそれは逆に、株式市場が健全に動いている証拠なんだよ。

B>株屋さんが信頼できちゃったらおかしいよね

C>だけど、タレントを売り込む代理店の人間になると、 自分でタレント売値を勝手に決めて、 しかもそれがホントの市場の値段になっちゃう。 自分で株を発行して自分で相場開いて自分で宣伝して売り歩いて しかも自分で価格をきめてるようなもんだよ。

B>マスコミ言いなりの大衆は除外できるから、そういうことができる

代理店の言うこと聞いてれば間違いないとか 連中が、まるで無謬の存在にまでなっちゃうんだから、そうなっちゃうよ

A>株を売りながら 四季報とか、経済紙の発行を独占的に引き受けてるようなもんでしょ 自分の売り歩いてる株の、悪いネタのせるわけないよね。

C>雑誌に出てるCMギャラランキング表なんて、 おい、ホントかよって思うもんね。 まあ、その雑誌も連中の一味なんだから信じる方がバカだし、 ”このくらいギャラが高いんだから、余程PR効果が抜群なんだろうな”って 裏も調べずに代理店の言いなりになって 安易にバータレ起用しちゃう企業は、もっとバカ。 そんな見通しの甘い会社なんていずれだめになるよ。

B>現につぶれてマース。 カ○○○とかとか、あとハウス○ンボスとかね あとキ○ンもそろそろ危ないかな・・・

A>ははは

C>っていうと○○○もそろそろあぶないな。○○出てるし。

B>CMタレントがバーかそうでないかは、 企業の業績をはかる格好の指標 バータレがでると、会社がいよいよつぶれるっていうシグナル

A>ってことは、かえってバータレだしちゃまずいじゃん。 起用がきまったとたんに、株価暴落しちゃうよ。

C>バータレ使って経営危機明らかにしてどうすんだよ。 つぶれるまでだまっとかなきゃ。騙しとおさなきゃ。

A>仕舞には、バータレなんてどこも使ってくれなくなるよ

C>ははは。いい世の中になるじゃないの いよいよサイクルが止まるわけだからね

B>だね PR :ヴィンテージ電子部品 通販 専門店「Vintage Parts」

C>ちょっとまとめてみようかな

1)高くて安定したPR効果=価値をもつタレントを CMキャラクターとしてほしがる企業

2)その心を察知して、”どうですかこの子”といって ”自称、高くて、安定したPR効果をもつタレント”を売り込んでくる代理店

3)2とぐるになって、タレントいう売り物の高値維持をもくろむ事務所

4)2、3、を援護射撃するかのように、タレントの有利なネタを載せて ライバルを叩くマスコミ

5)それに影響されてタレントの好き嫌いを決める大衆

6)それによってタレントの高値が維持され そういった、大衆に支持されたタレントを またもやCMにつかいたがる企業

7) その心を察知して・・・

A>やっぱりサイクルだね。あーあ不毛。

C>で、最後に

8)そんなバカに広告費払いつづけるアマちゃんの企業は いずれしゃぶり尽くされてひとつのこらず倒産!

で、残らず淘汰されて優良な企業のみ残る。 彼らは賢いので騙されない。当然、バータレなんかCMに使わない よってバータレは仕事なくなって、公園のベンチで新聞紙被って・・

A>ははは

C>結論はね。タレントの”価格”は、恣意的なんで、 きわめて政治的に決着するってこと。

B>そういうこと

4→5の流れが利いちゃってるんだよね。これがなければ絶対に成功しないはず。

結局、4→5の流れがある限り、株と比べて大衆の介在が排除されてるんで きわめて売り手市場の傾向になっちゃう、 だからこんなヘンなシステムがしばらく続いちゃうわけね。


裏話シリーズへ |前(UB04)へ<<|>>次(UB06)へ |最初(UB01)へ

Last modified:2014/01/24 10:13:01
Keyword(s):
References:
This page is frozen.