バーニングの周防郁雄は広末涼子などのライバル女優たちをプッツン女優などとマスコミに呼ばせて潰していた  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

UB02 裏話シリーズその2

裏話シリーズへ |前へ<<|>>次へ |最初(UB01)へ


sakebi_warai.jpg調べてみよう・・ バーニングとはなんだろうか? 周防者社長とはどういう人なのか?

バーニングプロダクション バーニンググループ

日本一の勢力を誇る、芸能事務所 系列下にある事務所に所属しているタレントのことを、 俗にバータレと呼ぶ

社長
周防 郁雄
公式HP
http://www.webburning.com/index2.html

パソプロより

MP3.comより

  • 過去7年間で11億円の申告漏れが発覚し、子分の旧ライジング平哲夫やK-1石井和義は脱税容疑の実刑判決。赤坂の事務所に2度の銃弾が響き、「周防の力も落ちたな」との声も囁かれる。

周防は、かつてハマコーの運転手で、ホリプロや新栄プロの出身。ケイダッシュの川村龍夫会長とは高校時代の同級。イトマン事件に問われた“闇のフィクサー”許永中との黒い癒着が問題に。

pokopiko 芸能界裏事情より

  • バーニングプロダクションは、所属の芸能人を強引に売り出し、仕事を増やし、その分増えた利益をタレントに回さず、相対的に、他の事務所より多く天引きして、その潤沢なマージンの増加分を、宣伝費、関係者への賄賂、スキャンダル対策等のマスコミ対策費、あるいは大名行列のような豊富な人件費にあて、そして、それを所属タレントの売り出しに使い、タレントの離脱を防ぐというサイクルを取っていた。

(略)

  • バーニングは、ワイドショー、女性週刊誌、その他媒体の情報の洪水で、他のライバルタレントを圧倒する戦略をとっていたが、前述した要因により、その戦略が破綻しつつある。そのほかにも、原因としてあげられることがある。バーニングがメインの宣伝媒体としているワイドショーを、見る、女性週刊誌を買って、読む、といった、購読層あるいは視聴者層、そして、さらにそれらに影響される層といったものは、全般的に見て低脳な人間が多く、所得水準の低い人間が大多数なのだ。そういった、知的レベルの低い人間達相手に、一生懸命アピールしたり、懸命にライバルを叩いたりしても、そういった人間は総じて社会の底辺層を形づくっていて、タダで見るCMやドラマには興味を示すが、お金を払うようなコンテンツに、関心をはらわないのだ。だからそういった媒体の出費をして、その効果で、好感度調査で上位にくる、知名度調査で上位にくるといった、間接的効果はあっても、金銭的な利益などといった、直接的な効果が現れないのだ。タダであるドラマやCMを見る人が多い・・というだけで、有料である、映画、舞台公演、販売DVDなどの、本格的な演技力や作品レベルを要求されるコンテンツの売上増加には、さしたる効果が無いというわけだ。http://d.hatena.ne.jp/pokopiko/20031230

PR :ヴィンテージ電子部品 通販 専門店「Vintage Parts」

wikipediaより

  • (前略)10月8日にまた、バーニング事務所の窓ガラスに銃弾が撃ち込まれていた。警視庁捜査4課の現場検証の結果、38口径の回転式銃の銃弾とわかった。これらは新聞やテレビなどのマスコミもほとんど報道をしなかった。なお、この両事件にはさまれた時期というのは、マスコミで、グレイ、鈴木あみ、広末涼子らへのバッシングがはなはだしかった時期でもある。

なぜ現在も大きな影響力を維持しているのか

  • このように、芸能界に良い影響をもたらしているとは言いがたい彼らが、なぜ業界から追放されず今まで存続できたかというと、ある特定の芸能勢力にとっては、バーニンググループの持つ力が必要であったからに他ならない。(後略)

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%91%A8%E9%98%B2%E9%83%81%E9%9B%84&diff=15826545&oldid=15809988

  • (周防は)己の系列下のタレント(バータレと俗称される)とキャラクターが重複しているので目障りである他社のタレントや、自系列に従属させた際には膨大な利益が見込まれるような能力に秀でたタレントにたいしては、影響力のあるメディアを使ってバッシングを仕掛けてタレント価値を下落させ、その後相手事務所の”降伏”によって己の従属下におき、その後にメディアで逆に賞賛の記事を書かせタレント価値を元に戻させ、膨大なマージンを得るという、マッチポンプ的な戦略頻繁に行っているといわれている。
  • 他社タレントへのバッシングは、男優よりも女優に対してより辛らつであることが多い。バッシングの相手に対する典型的なレッテルは、『プッツンタレント』『お騒がせ女優』などで、ある芸能人に対し、マスコミでそのような報道が開始された場合、”周防が獲得をもくろんでいる”という意味を多からず含むというのは、大低の業界人が持つ陰の共通認識であるといわれている。現に、そのような報道が頻繁にされ、以後、所属事務所がバーニングの影響下におかれた有名タレントが数多く存在している。(参照 南野陽子 ケイダッシュ  広末涼子フラーム )また、この場合の”獲得”という言葉には、性的な意味をも含まれることも業界では常識とされている
  • 周防がお目当ての女性アイドルを獲得しようとするときには、まず仕事先に高価な”贈り物”を送るといわれている。一例として、明石家さんまが関西でやっているラジオ番組で、藤本美貴あての周防からの贈り物がされて、明石家が驚き、藤本は裏をかんぐって(これを体で返せということなのか?自分は周防から体を狙われているのか?というふうに)、困惑してしまったという話がある。藤本が逃げるように吉本の芸人と交際し始めたり、彼女が抜けた後のモーニング娘が、今までのことを考えると信じられないくらいにマスコミから冷淡に扱われだしたのは、これ(藤本が周防の誘いに応じなかった)が原因だといわれる。
  • (略)また、バイアグラを常備しているというがあるが、それを使用しても年齢のゆえに性行為自体は淡泊であり、そのため、女性への肉体的負担は以外に軽く、これが、若手のタレントが、バッシングを抑えてもらうことを条件とした人身御供として周防へ己の肉体を提供されるという業界の不文律にたいしてさしたる抵抗がなく、業界の体質がなかなか改善されない一因ともなっている

サイバッチより

  ●バーニング銃撃事件

  バーニング銃撃事件に関して以下のような見方がある。報じた   のは暴力団、事件に強いとされる情報誌の「司法ジャーナル」。

  なお下記記事を読む前に下のほうの本誌記事を先に読むと解り   易いと思います。

  ------------------------------------------------------------

  周防は99年3月、前自由党代議士の米津等史(元資生堂社員)が   発起人となった「リンクスコーポレーショーン」の代表取締役に就   任した。共同代表には資生堂元社長で資生堂オーナー一族の福原有   一、取締役には化粧品会社「ヴァーナル」社長の大田勝社長、監査   役には等史の父親・資生堂顧問の米津稜威雄(74)が就いていた。

  米津稜威雄弁護士が監査役

   「リンクスコーポ」は許が収監された直後に解散したが、監査役   の米津は弁護士8人が所属する有名ビジネス事務所の1つ、米津合   同法律事務所長、同事務所はありし日のイトマン、その後の住金物   産を顧問先に持つ。

   許の逃亡事件に関連して、犯人蔵匿容疑で有罪となった許の秘書   の広瀬公子(35)は公判で「(99年4月から、許に言われ、リン   クス社に就職した)旨証言している。周防と資生堂、許の関係をう   かがわせる証言といえる。

   とはいっても、被害者の住金物産の顧問弁護士が監査役を務める   企業に、加害者の許が秘書を社員に送り込む、許の威力をみせつけ   られる思いがした。

  発砲事件は脱税の告発潰しが絡む?

   「リンクスコーポ」の取締役の1人だった大田は許の逃亡資金作   りに協力したとされた。大田は亀井静香の高橋志郎秘書を通じ、   亀井の地元、尾道市の市政100周年記念イベント映画のスポンサ   ーになることで、資金を提供。その一部が許の逃亡資金として流れ   た?という憶測もあった。

   周防、大田、許が互いに助け合う関係にあったといわれている。   周防は「リキッドオーディーオ・ジャパン」の大神田正文、同社の   筆頭株主「スーパーステージ」の黒木正博社長とも関係が深く暴力   団とも深い交流を持つといわれる。

   周防に近いジャーナリストは「昨年の夏、周防は東京国税局の査   察を受けています。社長と副社長が特に念入りに事情聴取を受けた   といわれていましたが、政界筋の圧力で告発が潰れたとされまし   た。東京国税局の査察関係者や東京地検特捜部の中には不満の声が   上がっているとも聞いています。

   周防の稼いだ金が暴力団筋に流れているのは間違いなく今度発砲   事件は潰された査察がからんでいるのではないですか」などと話す。   発砲事件は一大スキャンダルに発展する可能性も持っているとなど   と事件記者の間では早くも取り沙汰する向きも出ている。

PR :ヴィンテージ電子部品 通販 専門店「Vintage Parts」

●芸能人麻薬汚染の元凶!! いしだ&ヒロスエがたむろしたクラブ「M」と  死者44人、歌舞伎町雑居ビルとバーニング周防社長をつなぐ点と線!!

「あの店はおかしい……」  ミューズの会社の登記簿謄本を見つめながら永島雪夫は呟いた。あの店と いうのは、ミューズのこと。【サイバッチ】ontimes!!が総力をあげて調べ 上げている、「あの店」のことだ。  たとえば、だ。登記簿には、「平成9年8月15日、ユニマップミュージア ムとユニマップリゾートが合併し、その日に解散」という記載がある。なに やら、胡散臭い話だ。しかも、永島は、 「もし、この登記簿が正しいとすれば、当時、ミューズのオーナーは(9月1 日に)歌舞伎町の焼けたビルのオーナーだよ」と続けた。  あのビルのオーナーといえば、瀬川重雄(60)氏。「陰の帝王」と呼ばれ、 ソープランドを全国に20件に所有するなど、その世界では知られた人物だ。 85年1118日には、東京地検特捜部に3億4000万円の脱税容疑で逮捕され、 2年間服役。その後は不動産事業に乗り出すが、親族に社長を任せている明 星興産は68億円を焦げつかせ、住専の大口融資先リスト(96年作成)の第38位 にあげられた。  現在は所有する不動産を次々と売却し、競売物件を買い漁っている、とい う。火事にあった明星56ビルも、また、競売物件であった。  そして、また、驚くべきことだが、この瀬川氏は、ミューズを介して芸能 界のドン・周防郁雄バーニングプロ社長と「接点」を持っているらしいのだ。

http://snsi-j.jp/boards/trafics/1.html

参考掲示板ログ

ヤフー)


aseri_han.jpg"ふうん。 ↑見て大体わかったけど、 バーニングってただの芸能事務所でしょ?

konwaku.jpgどうして、そこで広末さんをいじめてたのが バーニングだって断定できるんですか?

hituu.jpg利害が一致してるのよ。 推理小説で言うクノボイって奴。

konwaku.jpgそれだけですか?証拠とかは?

tokuige.jpg実際の証拠はいくらでもあるけど、 とりあえず状況証拠だけでも有罪は固められる

状況証拠その1

広末にダメージを与えれば、バーニングが儲かる。 ・・・・っていうか現に儲かってんのよね。

konwaku.jpgどうして?

hituu.jpgあーやっぱり人気者になるには、 バーニングじゃなきゃだめなんだな・・ って、タレントのタマゴ連中が思って、

これから売り出し中の、将来有望なタレントが、 みんなバータレになってくれる可能性があるのね。

mentama.jpgバータレ??

warai_hohoemi.jpgバーニングに一定の割合で上がりを収めているかわりに、 バーニングからの庇護を受けている人たちだね。 彼女達が売れれば売れるほど、バーニングは儲かる。 だから売り出しに金は惜しまないし、中小やスキャンダルで、 傷がつきそうになったら必死で守ろうとする。

現に、1999年以来大々的に売り出されたアイドルって、 ほとんどバータレだったんだ。

kansin.jpg 鈴木あみや田中麗奈''がその代表だね。 まあ、他にもたくさんいるけど・・

hutuu.jpg でも、1999年頃のデビュー組に バータレが勢ぞろいしたのって決して偶然じゃない。

その前からの、広末たたきの流れがあるんだよね。

bero.jpg広末打倒を旗印にして、 満を持して総攻撃をしたってわけさ

tokuige.jpgだから、広末がファンを減らしたとするなら、 バーニングに、どっとお金が流れていくはずだったのよ。 ・・・っていうか、現に流れてんのよ。

aseri_han.jpg 広末さんの失った人気のマイナス分が、 そっくりバータレのプラス分になるってことですか?

kansin_warai.jpgそう、アイドルの売り出しなんて、結局、 ファンの分捕り合いだからね。 ファンの年齢もかぶってるし・・・

aseri_han.jpg鈴木あみと広末って、 100%キャラが被ってたってわけじゃないよ? 確かに、どっちとも、アヒルみたいな口してるけど・・ 歌ってた曲も全然違うタイプだったし・・

hituu.jpgでも、両者のファンは同じような年代だし、 ある程度はファン層を食い合ってるってのは、いえてるよね。

C>それと、もうひとつの理由として バータレに、先行投資が集まりやすくすることを狙った・・・ ってのが、ある

やっぱりバーニングにちかいタレントじゃないと、将来性が無い てことを、”投資者”に思い知らせる必要があった。ってこと

A>先行投資?投資者? バータレって、株なの?

C>株というより商品だよ。 バータレに限らずタレントはみなそう。 商品なんだから、投資したり、お近づきになるとしたら, どうせなら将来売れそうなタレントの方がいいだろ.

もし、タレントが、バーニングからどれだけ近いかっていうのが、 ただひとつの価値基準となったら, バーニングにとって、誠に都合のいい世の中だよな. 当然そうなったら、価格決定権すなわち権力も、 一挙にバーニングの元へ集中する。

B>だけど現実には、大衆の心理を上から 完全に操作できるわけなんてないから、 必ずしも、金かけて売り出した人やバータレが売れるわけではないし、 逆に、全然かねかけてない人とか、バータレじゃ無い人でも、 突然、わーっと売れちゃうこともあるわけでしょ。

C>そう。そこでだ. バーニングは、広末をいじめて落ち目にさせることにより, 芸能界を、"バータレは必ず売れる、そうでない物は絶対に売れない" っていう状態に、強引にもっていきたかったわけだ

B>ようは、業界の人たちががこぞってバータレを使いたがって, 反対に、非バータレを敬遠するような状態にしたかったってことよ。

C>そうするには、広末を仕事で使いにくくさせる必要があったってわけ。 これが、当時、広末が盛んにバッシングされた真の理由。

B>そして、それを望んでいたのはバーニングだけじゃなかった. 実は広告利権を握っていた勢力も、それを望んでいたんだ。

A>それって、もしかして・・・・

B>広告代理店。まあ電通のことね.

彼らは、タレントのイチオシの基準が, バーニングかそうでないかとか、単純明快になると、 仕事しやすいのよ。

C>バーニングと広告代理店. 利害が丸々一致していたから、両者は接近した。

B>っていうか癒着ね。

C>バーニングは、所属のタレント人気が、 高値安定することは望ましいこと---- 一方、代理店はどうかといえば, 企業などに頼まれてタレントを推薦するわけだけども、 そのタレントが、簡単にスキャンダルなど出して 自滅しまうようじゃ困る。

マスコミの広告枠握ってて、CMの起用とかで、 タレントを企業に売り込むのをなりわいとしてる彼らにとって、 企業の宣伝部なんかのクライアントに安心して売り込めるような, "絶対に失敗しない商品”っていうのはリスクヘッジになるから のどから手が出るほど欲しいわけよ。それがバータレってわけ

B>バータレは、鉄壁のマスコミ対策を誇っているから、 スキャンダルの心配をあまりしなくていい。 てことは、CMに起用しても失敗しにくいタレントってことになる。

C>つまりバータレってのは企業や代理店にとって 都合がいいんだよ。 代理店と企業広報部の要請によってつくられた、 CMタレントに特化した製品のようなもん。

A>バータレっていうのはCMタレントとしては優秀で、 広末のような、バーニングじゃないタレントは優秀じゃない・・と。 なぜなら、スキャンダルの頻出予想度はCMタレントとしての優秀さと まんま比例してるから・・

B>そのとおり

C>とびつくよなあ。だって、企業にとってCMは顔みたいなもんだからなあ。 ってことは、そこにでている芸能人のイメージに、神経質になるのも当然。 なにかの機会によって、彼らのイメージが損なわれれば、 自分の顔にドロを塗られたも同然になるからね。 コレはえらい損害だよ。だから、企業のおえらいサンたちは、 スキャンダルなどでイメージが低下する確率が少ないバータレを、 ぜひともわが社の看板娘にしたい!と思うんだ。

B>今はどこでもやってるけど、 最初にCMタレントとして無理やり人気者ってことにしておいて、 次の段階として、番組枠でスポンサーを取りやすい人材として ドラマに売り込むって戦略は、 バーニングが最初にはじめたんだよ。(例 藤原ノリカ)

それまでは、CMっていうのは、 CMタレントとして独立した人がやってたか、 スポーツ選手と同じように、映画などの芸能のジャンルで 身につけた実績や知名度を利用して進出したか、 まだ無名だが、将来有望な新人を、皆に顔を知ってもらうために、 ギョウカイ人や視聴者に”お披露目”する場だった。 PR :ヴィンテージ電子部品 通販 専門店「Vintage Parts」

だから、一般人が演技も見たことが無い、 20半ばにさしかかった、何の実績も無い芸能人が、 いきなりCMクイーンに踊り出ることなんて、 今までなかったんだよ。(例外 藤原ノリカ)

むかしは、CMっていうのはきっかけに過ぎなくて、 あるいは、他のジャンルで成功したことに付随するものとして、 CMタレント”としても”有名になれたってことであって、 CMだけでタレントの価値は作れなかったのよ。

C>まあ、いっときは活躍できたかもしれないけど、 すぐ消えちゃう人がほとんどだった。 だけど、今は違うよね。ノリカとか菊川とかいまでもいるもんね。 こういうことって、マスコミ対策で、 事務所に突出した強さがないと、絶対無理なんだよ。

B>あと笛吹いて踊る大衆の存在もね。

ここ最近、バーニングがマスコミ完全制覇をして、 はじめてこういう手段が取れるようになったってわけ。

PR :ヴィンテージ電子部品 通販 専門店「Vintage Parts」

A>なんだか無難すぎるよ。本命がちがちレースってわけ? 芸能界って、突如として、すごい人材が飛び出ちゃったりとか、 そういう活気ある、っていうか、言葉悪いけど、もっと バクチっぽい世界なんじゃないといけないんじゃないんですか? そんなのばっかりイチオシしてたんじゃ、番狂わせがなくなっちゃって、 出るべき人材も出なくなっちゃいますよ。

C>だよね。でも代理店とかプロダクションとか、 使う側にとっては、バクチじゃ困るんだよね。

才能をみきわめるとか、実力の伸びを予測するとか そんなの、おもいっきり水物だよ。 不安定過ぎちゃって、他から大々的な投資を呼び込めない。 もっと、素人にもわかるような形にしないと・・

バーに近いか遠いか、売り出しに金をどれくらいかけたとか, ごく単純なパラメータで売れるか売れないか決まれば、 判断が楽で、説明しやすいでしょ。 ほかから投資も呼び込みやすい。この方が近代的でしょ。

結局、企業の広報部の人なんて,芸能については素人なんだから。 こういう人には、なるたけ単純なものをもってこないと説明しにくいよ。

A>素人? 演出家とかプロデューサーって、プロでしょ まさか、演技が伸びる人材だとか、 逆に、こいつか見込みが無いとか、すぐわかるでしょう?

C>ドラマの製作とかじゃなくて、純粋にCMの場合さ.

CM発注する企業の宣伝部とかは、基本的に素人サラリーマンでしょ。 タレントの資質まではみないしよくわからない。ヒマもないんだから。

だからといって、広告主に、 タレントの何から何までみせて、 この子はすごいんだって説明する手間ひまなんて無いだろ? 企業側だって、こんど起用する子の候補たちは、 芸能界生き残れるくらい演技うまいかなー とかいって、全員演技チェックしてたらきりがないだろ

だから、タレントの、演技力とか将来性とか, ”総合的なタレント性”はばっさり切り捨てて, イメージいいかとか、スキャンダルの心配はないかとか, CMの適正のみ切り取って単純化するしかないんだよ。 いってみれば、タレントのCM適性のマニュアル化だよ。

学歴とか、履歴書とかと同じだよ。 ホントは人間なんて千差万別なんだけど、 そのみきわめを完璧にしたらコスト的にきりが無い。 品質検査だって、手間かけすぎると価格にはねかえる。 バーニングかどうかってのはそういう面ですごく楽な尺度なんだよ。 だって簡単じゃん。 バーニングとの距離があるかないかの一次元のみなんだもの。 代理店側も説明しやすいし、企業側も納得しやすい。

だからみんな、安易にそれを基準としちゃう。 よく知らない企業ほどね。 人材選抜にかける手間ヒマもノウハウもない企業ほど、 安易に学歴に頼っちゃうのとおなじ。

だから、企業側って言いなりになっちゃうんだよ。

A>誰の言いなり?

C>裏ではバーニングに操られてるんだが、表向きには、タレント 売りこんでいる奴、つまり代理店の人間が牛耳ってるように見える。 彼らは、CM作る企業から、”タレントの目利きができるプロ” っていう頼もしげな目で見られちゃうわけ

B>その”見極め”自体も、バーニングからの距離が どれだけか?っていう、ごく単純なマニュアルであって、 いわば”業界尺度”なわけだから・・ 技術力でも職人技でもなんでもないんだけど・・・

C>手の内バラされたら、”なーんだ”ってことになるわな。


裏話シリーズへ |前へ<<|>>次へ |最初(UB01)へ

Last modified:2014/01/24 10:10:39
Keyword(s):
References:
This page is frozen.