バーニングの周防郁雄は広末涼子などのライバル女優たちをプッツン女優などとマスコミに呼ばせて潰していた  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

俺様の一生

俺様 若気の至りを起こす

俺様、若気の至りを起こす 自分はえらいんだと思い込む

”そんな偉い俺様が、 何故こんなところでくすぶっているノダ?” 不思議に思う俺様。

テレビで活躍している ミロ末に目をやる

俺様、ない頭で考える

”ハテ?? ミロ末はえらく活躍している 自分は活躍していない”

俺様、ない頭で さらに論理を推し進める

”もしかして 俺様がくすぶっている理由は ミロ末みたいな人間に、 押しのけられているからなのか・・

なんだ、わかったゾ! 俺様は、本当はあそこにいたはずだ だけど、広末が俺様をおしのけて 自分がいるはずの座を、 ちゃっかり奪い取ってしまったノダー!”

俺様 裸で町中を走り回る

どうやら 頭のすっきりしたらしい俺様、 ない頭で、さらに 具体的な数字を挙げはじめる

”ミロ末のプラス=自分のマイナスなノダ つまり ミロ末が1000万円の利益をあげれば 自分が1000万円の損害を受けるノダ!”

俺様、この思考結果に満足したらしく 早くも結論を出す。

”ミロ末が損をすれば、自分は得をする”

”どうすれば ミロ末は損をするのだ・・”

”社会全体でミロ末をねためば、 ミロ末は損をする”

”ユリイカ!!”

アルキメデスのごとく 裸で町じゅうを駆け巡る俺様

でも深夜だったので おまわりさんにはつかまりませんでした よかったね、俺様

一万人の勘違い俺様連合軍がミロ末を叩く

社会では こんな、短絡的な思考をする人間が、 ミロ末ひとりに対して 1万人の割合で誕生する

勿論、文化人、レポーターなど それに便乗して 金儲けをする輩も、後をたたない 道端でタマちゃん饅頭を売り歩く連中とおなじ こんな輩は、 いつまでたっても世の中からなくならない みんな、生活かかってるもんね。

ミロ末から受けた、社会全体の ”仮想損害”の合計は?

ミロ末が仕事で1000万の利益を得るたびに 1000万X1万=1000億

国民の血税を公的資金にコレくらいつぎこめば ものすごい不満があがるであろう それと同じことが、巷に起きてしまった

ノダ(爆)

だが、ひとつ違う点がある 公的資金は、実際に存在するお金 こちらは、バカのひがみが膨らんで 頭の中で生みおとされた、いわばバーチャルなお金 そんな金など、実際はどこにも存在していない

ノダ(爆)

ポルポトの大虐殺も、文化大革命も 同じような”膨らんだ仮想現実”が引き金になった 勘違いバカは、いつの時代でも 本当にどうしようもない。 マトモな人間には、いい迷惑だ。

ノダ(飽)

ということで 一万人の勘違い俺様連合軍が ミロ末をたたく

繰り広げられる光景は まさに 勘違いした俺様一万人の シュプレヒコール大合唱!

キャー カッコイイ!(藁)

一方、そんな俺様たちの 日常生活はといえば・・

俺様 不思議がる

どんなに偉い俺様でも 自分の生活が第一優先 とにかく仕事みつけなくちゃ

俺様、何のとりえもないので とりあえず低賃金の単純労働者になる

しかし、さすがに 転んでもタダでは起きない俺様 ”こんな自分でも、本当は偉いノダ!” とあいもかわらず思い込んでいる

”俺様は 上に立っている連中とちがって 汚い手で世の中をのしあがっていないから 周りに迷惑をかけていない”キレイ”な人間なノダ! 社会も、そんなケナゲな私を、 誉めてくれるでアロウ”

俺様、それを心の支えに ド○タなどの仕事にまい進する

しかし

どんなに汗水ながして、一生懸命に働いても 俺様のことを、誰も誉めてくれない どんなに暑い中、道路をつくっても 社会の役に立っているとは、一言も言われない しまいには、道路をつくるなんて 本当は誰にも必要とされてないだの 国が犯罪防止のためしかたなく職を与えているだの 形を変えた生活保護だの税金泥棒だのといわれる

”なんか、世間の反応って 自分の予想とはちがうなあ

涼しいところで高給とって 楽してるミロ末なんかとちがって あんたは安い給料で汗水流して偉い・・と みんな、俺様を誉めてくれてもよさそうなもんだが・・・”

俺様、不思議がる・・

俺様 自分で自分にシュプレヒコール

”なんか、ミロ末のことも みんな、そんな気にしちゃいないような・・

正当な働きをしている者に正当な評価を下さない、 そんな社会は、やはり間違っトル

でも、社会の人たちにも、同情すべき面があるノダ!

みんな、自分の生活でいっぱいいっぱいで 社会の巨悪の糾弾にまで、頭がまわらないノダ! 自分も、余裕がない人間だけど でも、こういった仕事は、社会のために だれかがやらなくちゃならないノダ! だから俺様が、そういった役を、 あえてかってでているわけでアル!”

”オー!!”

俺様、自分で自分にシュプレヒコール

一方、俺様の日常生活はといえば・・・

俺様 理不尽だと怒る

俺様、家では疲れきってクタクタ だが、家で疲れた姿を一目でも見せれば 役立たずだと、家の人に怒られる その反面、俺様より楽な仕事をしている ホワイトカラーの人間は、家に帰っても、 家の手伝い、地域の自治活動、奉仕作業など いろんなことができるので、 周りから賞賛されている。

俺様 ”なんて理不尽なノダ・・”

と怒る

”机にふんぞりかえってクーラーきいたところで 仕事しているてめえらが誉められて それよりもキツイ仕事している俺達が 家に帰って余力がないのは当たり前だろうが! 何で、俺様が怒られなくちゃならないノダ!

俺様のような 正当な働きをしたものが評価されない そんな社会は、やっぱり間違っトル!”

ホワイトカラー以上に 楽な仕事している(ように俺様には見える)ミロ末も ますます俺様のスケープゴートにさせられる。

”俺様だって・・

(もし女に生まれて)しかも美人でもてもてで 演技できて人をひきつけられるオーラがあって 長いせりふちゃんと覚えられて 昼夜も休み無く無くスタジオやロケ現場で働いて 受験勉強以上に狭き門の芸能界の競争を勝ち抜いて カメラマンだのパパラッチだのに追い掛け回されて で、大学いってバカ連中に追いかまわされて 2ちゃんねるとかでバカ言われるの我慢して ノイローゼにもならないで今までこられて 芸能界で生き残ることに成功すれば あのくらいの、いい暮らしができたのに!!! キーッ 悔しいーーーッ!!”

と思う

はたまた 俺様の日常生活をのぞいてみると・・

俺様 少しは大人になる

俺様、 ド○タ仕事はますますきつくなる でも、予想に反し 誰も誉めてはくれない

周りの同僚は酒飲みのバカばっかし

”こいつら、もともとおかしい人間なのでは?”

俺様、やっと気づく

さらに俺様 すこしはあるようになった頭で 理論を推し進める

”ということは、その一員である  俺様はどうなんだ?”

さらに・・

生活保護など、自分のほうが金持ちより 余程まわりに迷惑を賭けていることに気が付く

結果 俺様、自分を偉いとは思わなくなる。 すこしは大人になる。

よかったよかった

しかし

俺様 奴隷になる

俺様、今まで自分を偉いと思っていた

その、極端な反動がくる。

”社会に迷惑かけてきたのは俺様の方じゃないか 出世した人間に比べて収めた税金もすくない だけど、もらいは大きい、 いくら仕事をもっているといっても それじゃ俺様は、乞食と同じじゃないか!!

ああ・・俺様は、ろくでもない人間なんだ そんな俺様は、 何をされても、我慢するしかないんだ!”

俺様、 ドキュンの元運転手の ○○中毒の人間のクズみたいな上司に 毎日どんなにこき使われても、理不尽な対応をされても 全く反抗しなくなる 勿論、ミロ末のことも、叩かなくなる

俺様、 少々、大人になったのはいいが・・・

奴隷人間 =バカに理不尽にこき使われても何の反抗もしない 資本主義の犬一匹誕生!

まさに俺様は もとい、”何のとりえもないゆえに 社会に何のいうべき権利もない この卑屈なるワタクシメ”は 資本家野郎の思う壺!

だめじゃん

俺様の末路

どんなに自分が駄目だろうととりえがなかろうと 言うべきことは言うべきだろうよ それが人権とか権利ってものだろう

でも、もうこうなっちゃったら 言うべきこともいわなくなるね。おしまいだね。

最初から 尊大にも卑屈にもならず 人をねたまずうらやましがらず バランスよく、大人になるプロセスを踏んでいれば バカにこき使われる奴隷にもならなかったのにね・・

悲劇だね。

”よいこのみんな こんなバカにならないように いまからおりこうさんになりましょうね。”

”はーい!”

(元気で明るい声が  教室中に響き渡る)

俺様の一生 おしまい

芸能人 ブログ小説集へ 次(GB13)へ

Last modified:2009/05/01 08:02:41
Keyword(s):
References:
This page is frozen.