バーニングの周防郁雄は広末涼子などのライバル女優たちをプッツン女優などとマスコミに呼ばせて潰していた  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

ボクと左翼とアンチ体験 第5部未来篇

芸能人 ブログ小説集


実は、文学部の先輩とは 社会人になってからも、ちょくちょく会っていました。 -----------------------------------------------------

お前、連中に会ってきたんだってな。 どうだ、俺の言ってたこと、少しはわかってきただろう

  ええ、自分を含めて   学生時分に、こういったことに影響される連中って   何かしら、共通の傾向があるようです。

-----------------------------------------------------

私は、会った四人について、思ったことを話しました。

-----------------------------------------------------

結局、そこなんだよな。世の中がわかっちゃいない。 そのくせ、自分でもよくわからない、 小難しそうな生半可な知識を上から頂いて、 おー、こりゃ凄いぞ・・・って わかったと思い込む。ホントにわかってんのかよおまえら!

わかりゃしないって。 わかったように思えるのが、錯覚なんだって で、周りの大人たちがバカみたいに思えてくる そこまでは若気の至りと許すとして、だが いっぱしに世間を啓蒙しようとしちゃったりなんかしたら、 重症だよな

まあ、テレビ出ている文化人にも、そういうのがいるけどさ 確信犯じゃくマジだったら、そいつはバカだね。 連中も気が付かなかったら、そこまで突っ走っちゃうだろうね。

若者にたいして ヘンなところに義憤をもっていくように誘導させて で、わけわかんなく興奮させて、 勢いで、自分の著書を買わせる あるいは、自分の大学内の講座を受講させる こんなインチキインテリ文化人が後を絶たないわけだよ。

まあ、教育も良くないっていうけどさ 教育はできないよ。 だって、誰も乗り気にならないよ。 こんなオトナの特にならない教育方法なんてさ。

ゆとり教育の弊害を唱えている連中が 受験マニュアル書いてるんだぜ 心配してるのは日本の教育の将来じゃなくて お前の印税ライフだろうがよ。からくりバレバレだろ。 タックルのんべんだらりと見てる庶民ども、見抜けよ!

勉強しようがしなかろうが バカはバカのまんまなんだよ みんながそれに気がついちゃったら 連中は、商売にならないだろうが 将棋の能力がないとか自分は音痴だとか、運転は苦手だとか 料理のセンスがないとかはみんな勘違いしない 自分が苦手なのがわかってるんで、 たとえ回りにおだてられても 棋士や運転手や歌手や板前には、決してなろうとしない。

だけど 何で勉強だけみんなかんちがいするんだよ

将棋のプロや音楽家より、市場がでかいからだろ! 商売になるからだろ、だから煽ってるんだろ

凄い才能もってる音楽家とか、将棋の名人見て おれは、もしかして、あそこにいたかもしれない・・なんて 誰も思わないだろ。 だから、まるで手の届かない世界、 まるきり別の世界の人間だと思って やっかみも起きないだろ?

なんで勉強エリートに対してだけは、 そうは思わないんだ?おかしいだろ。 なんで、あいつらだけには、やっかむんだ?

もしかして俺もあの座にいけたかもしれない 何であいつがあの座にすわってるんだ、ああ、ムカツク 本来、おれも環境や才能に恵まれていれば 座っているべき座のはずなのに・・ホントかよ、おい!

いけるわけないじゃないかよ! でも、なんとなくいけそう・・ってパンピー錯覚させとけば 売れるもんも売れるだろうよ。だまされてんだよ、みんな。 あなたも将棋のプロになれます・・ていって 会員十万人取ってるスクールがあったら 誰だって胡散臭いと思うだろ? でも、同じくらい一握りの人間しかなれない 勉強の分野で、これと同じ数の人間集めても 誰も詐欺だって騒がないよな?これっておかしいだろ? なんで将棋なら詐欺で、勉強は詐欺と思わないんだ?

こんなの、将棋のプロと同じく なれるのは一握りだ。それなのに 誰でもなれそうだと煽って、大量の人間を その道に進めようとしているのはおかしい 商売のために、ホラふいてるんじゃないか なんでこういうふうに、JAROとかに抗議しないんだ?

でもほとんどが挫折するんだけどね。 個人にとっても損失だけど、社会的な損失はもっとおおきい。 このエネルギーを、もっとほかのことにたくさん使えたはずだからね 確かに、スポーツのジャンルとかで、 プロになるのは一握りといえど 目指している若者はおおく、裾野が広いということは プロ選手のレベルアップに貢献する。 だけど裾野がやたら広すぎると、他の人材市場を圧迫するだけだ。 いい商売にさせられて、あきらめきれなくなって せっせと商売人に小遣い収め続けるゾンビと成り果てる 連中は吸血鬼だからね。

いい社会人スクールってのは、 いかに勘違いバカをあきらめさせるか ”あなたは無理です、あきらめなさい” これが、きっぱりといえるスクールこそ、いいスクール 逆に商売のために、本当は無理っぽいのに あなたならできますよ”なんてほざいて入学させるのは 悪徳スクールってことになる。芸能事務所もおなじだよ。

じゃあ 何で、これが学校教育では まるきり逆になるんだよ!おかしいじゃないかよ

ジャンルにかかわりなく 頑張るということそのものに、 教育的な価値があるのならいいが それって、中学生くらいまでだろ?

話がかわるけど・・・

困った国の人を助けましょう。 どうして、石油を日本まで持ってきて で、製品作って、で、タンカーの燃料代つかって運んで よっぽど無駄じゃあないかよ なんで、自分で石油輸入して作んないんだ?その国は そのほうがよっぽど資源のロスすくないだろうがよ

どうして困っているの? 暑いから、寒いから、自然条件が厳しいから 作物ができない だったら、何でそんなとこに住んでるんだよ さっさと、温暖な南か北に下れよ。

どうして移住しないんだ? 結局、自然環境が恵まれてるところには誰もが住みたい みんなみんな、そこめざしてるんで そういう恵まれた地域は すでに人間がたくさんあつまっちゃってるから、密度高くて 人間同士の競争がはげしいからだろ?

結局、人間同士の競争を選ぶのを避けて 自然との競争という、奇特な道 どちらかというと、ヒッキ−な道を選んだわけだろ? ご先祖さんが、そっちの道を自らえらんだってことだろ?

だけど、万里の長城みたいなもんを作られちゃう。 てなわけで、不平等だ!って主張してんだろ

日本は自然に恵まれ過ぎている。 海外には、もっと過酷な環境の国がある。

だったらわざわざそんな過酷な環境のとこにいないで 日本に来いよ!万里の長城ほどには障害はないぞ アメリカみたいな国だったら なおさら障害は少ないぞ

また、話かわるけど・・

食べ物を大切にしましょう

じゃあ、俺がキャベツ一個がまんしたら そのキャベツ一個分が、 地球の裏側の 恵まれない国の人のところにいくってのか?

瞬間移動だよな。もしできたら凄いよな

   あの、それは、    キャベツ一個作る分の資源が浮いたってことで    その途上国にも、もしかしてそのキャベツ一個分の資源が    行くかもしれない。    先進国が資源を独占しちゃったらいけないということであって・・

はァ? 独占?してねえよ、ちゃんと買ってるんだよ。

それとキャベツ俺が買わなかったら キャベツ一個分の需要が、まるまる減ったってこと 他の人が買ったなんていうなよな

これも、錯覚だよ。マジックだよ お前が広末やブッシュのセガレが一人入学したことで なんか、入学者枠などの面で 凄く圧迫された気分になるのと同じくな。

話キャベツに戻すけど

俺がキャベツひとつ我慢しても、もし総消費が減らなかったとしたら・・ それって、他の人が余計に買ったってことだろ それもなければ 結局、需要が減った分は、まるまる売れ残って腐っちゃうだけだろ だったらたべちゃったほうがいいだろうが みんな無駄食いをやめて需要が減れば、 いずれは、生産者は生産調整しては生産を減らす 化学肥料とかの資源が、うくわけだ。だからつじつまは合ってるんだ こういう理論も成り立つけどさ でも、ういたからってなあ・・

先進国が浮かした分だけ、途上国のはら減らせた人たちにわたるか? わたんないだろ、結局錯覚だよ。 輸入の食料だって、向こうがわざわざ商品として輸出してんだろ 奪ったわけじゃないよな、ちゃんと金だして買ってんだろ

国産ならば、なお途上国とは関係ないよ 埼玉県で作って東京で売ってるキャベツの行くすえが なんで地球の裏側のお前の国とかんけいあるんだよ

それに 資源なんて、お前んとこのほうがよっぽど近いだろうがよ 近くで腐るほど湧き出てるだろうが

その資源をなんでわざわざ地球の裏がわの日本にまで運んで 商品に加工してもらってんだ? しかも、つくった商品をまた、地球の裏側の お前の国にまで運んでんだ。いかにも効率悪いじゃないかよ それをやらないってのは、結局、できないからだよ それって、生産できてないってことじゃあないか 生産できてないんだから、消費する権利ないだろうが 連中に、生産した以上の消費を許しちゃったら、消費分を 誰が生産して尻拭いするんだよ?先進国か?これのどこが搾取なんだよ!

言っとくけど、食いもんを作ってなくて輸入してるから搾取してるだの そんなあほなことは言うなよ? 食いもんを輸入できなかったら、自分で作ろうとするよ。 あえてそれをやらないのは、そっちのほうが得だからだろ 農業機器だってなけりゃ食いもんできないだろうがよ だけど、みんな日本製じゃないかよ 日本製品買ってくれなきゃ外貨も稼げない 稼げないってことは日本は食いもん輸入できない。 どうして輸入に頼っていられるのか 海外の国が、くいもん作るために必要な農業機器を含めた 日本製品を買ってくれるからだろ これって、立派な取引じゃないかよ。奪い取ってなんかないよ

またまた、話がかわるけど・・

困っている病院に、車椅子送りましょう 病院は困ってなんかいないよ。車椅子なんて不足してないよ だってさ、ふつうはこう思うだろ ないんだったら、買えよ!

病院なんて福祉機器のセールスマンが毎日営業にきてるよ! 車椅子がなくて困ってるなんてききつけたら 真っ先にセールスマンがすっ飛んでくるよ。 病院は金もってるんだから 車椅子の人が一人死んじゃったら 車椅子がひとつあくだろ。余ってるよ

じゃあ、どうして否定しなかったんだ? 病院は、車椅子は足りてます。 だからプルタプやベルマーク集めなくていいです・・ってな

本当は プルタプついた商品、ベルマークついた商品を ガキどもにたくさん買わせようとしてたんだろ ガキの慈善心に付けこんで、自社製品の、売上伸ばそうとしてたんだろ 付録のカード欲しさに、お菓子余計に買っちゃう子供と同じだよ

つまり、こういうケースの場合 金を持っていないわけではない、病院という場所で なんらかの需要がある場合 セールスマンが、真っ先にすっ飛んでくる セールスマンが売り込む商品がなければ 企業は、目の色変えて商品を開発しはじめる。 このプロセスが、もっとも素早い対処法だ だからこういった問題は、自然に解決するんだ。

なんで先生は生徒に こういうふうにちゃんと教えないんだ? 先生も商売連中に、一枚のっかっていたわけじゃなく 先生も、経済のことなんてわかっていないからだろ?

生徒が真剣に取り組んでいるのを見て 否定しづらかったんだろうな。 でもおしえるべきものは ちゃんとおしえなければだめだろうがよ

それとさっきいった途上国な 無償で援助してもな 援助したぶんが、まるまる 政府高官の、スイス銀行の預金にまわるだけだよ

人口がたくさんすぎて、有限な富が、みなに行き渡らない じゃあなんで生んでんだよ! いっぱい生んでるってことは、そのほうが効率がいいからだろ いっぱい死んじゃうから、いっぱい産まないと人口が減っちゃうからだろ そんなに死ななければ、そんなにたくさんうまなくてもいいんだろ 死なないようになれば、産むこともないから 出生率は自然に減ってくるだろうよ。

じゃあなんで出生率が減らないんだよ

みんなわかってんだろ たくさん生めば、たっぷり外貨かせいでくれそうな 天才もたくさん生まれてくるからだろ それがアメリカ相手にITとか貿易の仕事して 外貨稼いでくれるんだろ、それでみんな飯くっていけるんだろ 他はいわばハズレだよ。最小限の物しか分配しない。 天才は教育環境に恵まていようがいまいが 一定の確率、たとえば一万分の一で生まれてくる これは時代、環境、地域かかわらず不変、 もちろん教育なんかでは、かさ上げできない。

天才とは、教育ではどうしようもないものにほかならない・・ つまり、コストをかけることは無意味なものであると そうでなきゃ天才っていえないだろが、 誰でも教育金かけて天才ができるなら 先進国なんかはとっくに金掛けまっくって天才作って 世の中、天才だらけになっちゃってるだろうが。

だったらたくさん当たりくじ出すしか、ないだろうがよ 当たりくじ大多く引く=たくさん子供産むってことだよ そうすりゃ天才がたくさん生まれてくるじゃないかよ で、あとは”捨てちゃう”んだよ。最低の物しか与えずに放置だよ いわば、。天才という当たりをなるべく多く引くために たくさんくじ引いたハズレ券だよ インド人は、そのほうが効率よく社会を豊かにするって わかってんだよ。天才増やすと同時にまずしい人も増えるんで 援助ももらえるしな。一石二鳥って訳だよ。

これが天才もすくない、ハズレ券も少ない 出生率が安定してる国だったらうまみがないぞ、 教育してなれる、つまり、コストをかけてやっと優秀になれる これって天才じゃなく秀才だよ。 先進国には、有り余っているよ。いらないよ。

----------------------------------------------------- この日だけでなく 彼と会うたびに、このような話が とりとめもなくつづきます

それを受け止める自分自身も、 明らかに学生自分とは違っています。

現在の僕は、彼の語る言葉に、ひしひしと重いものを感じるのです。 社会人になり、彼の言葉に当てはまる実例は 自分の身の回りに、たくさんありましたから・・

と、いうわけで、 いまでも、彼にはちょくちょく会っています 彼には、感謝しています。 本当に、感謝しています。

  ボクと左翼とアンチ体験(完)

番外編(GB10)へ

Last modified:2009/04/27 08:10:13
Keyword(s):
References:
This page is frozen.