バーニングの周防郁雄は広末涼子などのライバル女優たちをプッツン女優などとマスコミに呼ばせて潰していた  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

周防郁雄

周防郁雄すほう いくお

略歴

周防の戦略

  • 己の系列下のタレント(バータレと俗称される)とキャラクターが重複しているので目障りである他社のタレントや、自系列に従属させた際には膨大な利益が見込まれるような能力に秀でたタレントにたいしては、影響力のあるメディアを使ってバッシングを仕掛けてタレント価値を下落させ、その後相手事務所の” 降伏”によって己の従属下におき、その後にメディアで逆に賞賛の記事を書かせタレント価値を元に戻させ、膨大なマージンを得るという、マッチポンプ的な戦略を頻繁に行っているといわれている。(これが、彼がジャニーズ事務所より世間に批判にさらされやすい理由といえる。ジャニーズは他の事務所の男性タレントを叩く時があるが、タレントを他から獲得したりはしないし、新人も自社のタレントが稼ぎ出した資金を使って育てている。)

他社のタレントへのバッシングのしかた

  • 他社タレントへのバッシングは、男優よりも女優に対してより辛らつであることが多い。バッシングの相手に対する典型的なレッテルは、『プッツンタレント』『お騒がせ女優』などで、ある芸能人に対し、マスコミでそのような報道が開始された場合、”周防が獲得をもくろんでいる”という意味を多からず含むというのは、大低の業界人が持つ陰の共通認識であるといわれている。現に、そのような報道が頻繁にされ、以後、所属事務所がバーニングの影響下におかれた有名タレントが数多く存在している(たとえば南野陽子=ケイダッシュ,広末涼子=フラームなど)。また、この場合の”獲得”という言葉には、性的な意味をも含まれることも業界では常識である。

バッシング対象の傾向

  • バッシングの対象は闇雲に選んでいるわけではなく、芸映サンミュージックグループに対してのそれが顕著である。老舗である割にはマスコミの影響力が小さいことや、所属タレントが(事務所社長の趣味かもしれないが)女性に嫌われがちな妹タイプ、家庭におさまるイメージのある、男性に尽くすタイプ、せつなさやはかなさが演技の上でうまく表現できる古風な女性のタイプであるので、女性読者がメインの女性週刊誌(周防の影響がとりわけ強い)でたたきやすいからである。

所属タレントの傾向

  • 逆に、バーニングの所属タレントの傾向は、藤原紀香に代表される、こまやかさには欠けるが、大股で町を闊歩する現代的な女性といった、その真逆のキャラクターイメージであることが多いが、これは、女性にバッシングされにくいキャラクターであると同時に、周防の持つバイセクシュアル的な性癖が影響していると言われている(タレントを女の目線でみることができる)。(その証拠に、おすぎ、酒井正利など、男性同性愛者であるとされる業界人たちの間では、バーニングでないタレントの持つ特徴を多く兼ね備えた女性タレントの評判はきわめて悪い)。これによって、周防は、女性が嫌わないキャラクターを本能的に見分けることができるらしく、ジャニー喜多川と同様、芸能事務所の社長としては有利な性癖であるといえる。

下半身事情

  • また、バイアグラを常備しているというがあるが、それを使用しても年齢のゆえに性行為自体は淡泊であり、そのため、女性への肉体的負担は意外に軽く、これが、若手のタレントが、バッシングを抑えてもらうことを条件とした人身御供として周防へ己の肉体を提供されるという業界の不文律にたいしてさしたる抵抗がなく、業界の体質がなかなか改善されない一因ともなっている

>>バーニング

広告

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

某ブログより

「おお、よくぞいいやがったな。わかった。わかった。 これからお前B社のSん所行ってくれ。大体のナシはついてる。 ポリドールのTの使いで来ましたっていうんだぞ」 皆目意味が分からない。

が、単なる小僧としては言われるがままにするしかない。 Bという会社は郷ひろみの所属事務所だという事くらいしか知らなかった。  S社長はやさしそうだった。後年の話は何かと支障があるので書かない。

「で、なんだ。おめえが上条んところの小僧か。赤坂の○○興行じゃ、 えれえ目にあったらしいな。上条が俺んところに泣きついてきやがったんだ」 「・・・・・・」この人は何者だ? 「まあいい。おめえは知らなくていい。この封筒持ってもう一度 Tさんの所行ってくれ・それで話は終わりだ」「・・・・はい」

「おい、てめえ陰気な目してんじゃねーぞ」 そう言われていきなり頭を思いっきりどつかれた。 「すみません、生まれつきなんで」「口答えしてんじゃねーよ」 もいちど頭をどつかれた。

ともかく訳も分からずもう一度、ポリドールに向かった。 T常務は封筒の中の書類を確認すると言った。 「あした、経理に行け。ナシは通ってる。 現金で受け取って持って帰れ。んじゃな」

 当時の音楽業界ではこんな乱暴なやりとりが通用したものだ。 おそらくS社長がなんらかの金額を肩代わりしたらしい。良くは知らない。

http://blog.goo.ne.jp/gkenoirah/e/b92105d6996c1d04926a71125f00e81d

Last modified:2014/01/16 07:14:14
Keyword(s):
References:
This page is frozen.