Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

Time Flies Like An Arrow

巨視的シミュレーション

「自由度の数は連続無限である」

逆を言えば、分子のレベルは文字どうりひとつひとつを粒として扱えるということか?ビット的、離散的といっていいのか?

しかし、数式が全然わからんぞ!このpとかqとかの上の・はなに?デルタの三角を逆さにしたのはなに?

キーワード

リュウビィル

レイリー―ベナール熱対流

ナビィエ―ストークス

解析力学 講義ノート by 十河清さん

http://202.24.143.49/buturi/hisenkei/sogo/physics.pdf

この「ノート」は本当にすばらしい。私には例題はひとうも解けないが、概略の考え方に触れることはできた。少なくとも用語の意味するところは分かった。

ついでに、どなた方言っていた「オイラーの公式」の証明まで載っている!なるほどぉ!それで、交互にプラスとマイナスになるから虚数が出てくるわけだ!

フラクタルアトラクター : いわゆるストレンジアトラクターのことらしい

http://www.affrc.go.jp:8001/dgc/DGCboard/messagesJ/609.html <i>もっと渡辺慧先生の業績は評価されるべきだと私も思う。</i>

リペラー :ストレンジアトラクターの逆のアトラクターらしい。

数式の変数の上の点、非線形で次々に代入というのものか?

冷たい方から熱い方への熱の流れがもつ強いフラクタル不安定性こそ、時間平均した流れにおいて、つねに熱力学第二法則が成り立つ原因である。

Last modified:2013/09/29 09:45:19
Keyword(s):[You Sir/Madam are the enemy of conuifosn everywhere!]
References: